「研究しましょう」 ブログ   --- 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探して、ネットをさまよう私の、ブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

ひさびの英語本『英文法は絵に描きやすいルールでできている』時の in のイメージ   #英語学習 #英文法

英文法は絵に描きやすい
 英語が得意ではないので、学習本を片っ端から買っていた。それが、大西泰斗先生の『ハートで感じる絵文法』シリーズが出てから、それらに集中するようになった。

  「イメージで、頭から理解する英語」

これが、私の中学時代に広まっていたら、大西先生の『ラジオ英会話』がその当時に放送されていたら、私の英語力は、だいぶ違った物になっていただろうと、悔しい気持ちでいっぱいになる。

それでも、唯一、大西泰斗先生の本でイメージが説明されていないのが、

  「未来表現における in のイメージ」

具体的には、

   Dinner will ready in 10 minutes.
   あと10分で、夕ご飯ができる。

のイメージ。

大西先生の本の中では、これに関するイメージが提示されていなくて、ずっとモヤモヤしていた。それが、納得出来るイメージで説明されているのが、『英文法は絵に描きやすいルールでできている』という本。

基本的に、大西泰斗先生や田中茂範先生の、英語をイメージで理解するシリーズの延長線上にある。各項目に関して、既に両氏が分かり易くイメージを表現しているので、この本では、それらを回避するように書かれている。

そのため、少し洗練されていないような感じは、否めない。それでも、ただ1つ、『時の表現の in 』は、両先生はハッキリしたイメージで説明されていないのが、この本にはそのイメージが書かれている。

  「目から鱗が落ちた」

というほどではないけれど、納得出来る、時表現の in のイメージになっている。(P396の図がそうなんだけど、写真を載せると、電子万引きになってしまうので、思いとどまった)

それに加えて、英文解釈の手順として、文の頭から、イメージを積み重ねていく手法が書かれている。これ、昔、同じ様な手法を説明した英語学習本があったんだけど、私の本箱から見つけられなかった。

 この本に興味を持った人は、書店で確認することを、お勧めする。この本は、先の両先生ほど、イメージイラストが洗練されていない。ただ、文章による説明は、独自の発送で説明しているところが見受けられて、それは、ためになった。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する