「研究しましょう」 ブログ   --- 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探して、ネットをさまよう私の、ブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

天体自動導入と、プレートソルビングと、ソースネクストのスーパーセキュリティ for MAC と Boot camp のファイルアクセス💦   #ブートキャンプ #セキュリティソフト #電視観望

 いま使っているノートパソコンは、Intel 版 MacBookPro で、Parallels Desktop 上に Windows10をインストールしてある。CPUが Intel のおかげか、全く問題なく Windows アプリを動かせていた。

 天体観測初心者である私が、ネットで、自動導入した後にプレートソルビング機能で、赤道儀化 AZ-GTi の位置補正ができると書いてあるのを読んだ。

それが、なんと、いま使っている SharpCap に組み込めるのだとか。

  「SharpCap + AZ-GTi でプレートソルビング

このページを元に、All Sky Plate Solver をインストールしようとしたら、Windows10の Desktop 上にショートカットを置こうとすると、アクセスエラーが起こる様になっていた。

今回の作業の前に、ソースネクストの『スーパーセキュリティ』を入れていたので、何が原因か分からないでいた。再起動掛けたり、Windows10本体をインストールしてある Boot camp のインストールの状態を見たり、スーパーセキュリティをアンインストールしても、エラーは直らなかった。

ところが、あるファイルを消す時に、

  「 Parallels Desktop がファイルに悪さをしている」

という、スーパーセキュリティの通知が出た。スーパーセキュリティはアンインストールしてあるのに。で、その通知をたどっていたら、Windows10では無く、MAC OS 上にインストールしてあったスーパーセキュリティが警告を出していた。

  「あぁ、この警告、前にも出てたわ

てっきり、Windows10上のスーパーセキュリティが警告を出していたと思い込んでいた。原因が分からないわけだ。

つまり、Windows10を動かしている Parallels Desktop がランサムウエアだと間違われて、Windows10のDesktopに変更を加えようとすると、警告を出していたわけだった。早速、 Parallels Desktop を、ランサムウエア適応除外の設定をした。

 もう、ほぼ一日をついやして、やっと、プレートソルビングの環境を構築した。夜の空が晴れたら、実験しよう。
しかし、MacBookPro が Intel 版とはいえ、Parallels Desktop 上で Windows10動かしてなんて、トリッキーな事してなければ、もっと簡単にできてたよね。

大失敗だと思いつつも、ちょっとだけ、楽しかった。やっぱり私、環境オタクなのかも

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する