「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

ずっと気づけなかったこと ★

 私は、子供の頃、自分のことを「のび太」だったと思っていたけど、あるとき、ふと気がついた。

  「私は、スネ夫であり、ジャイアンだった」

スネ夫のずるがしこさと弱さ、腕っ節はゼンゼンダメだったけど、ジャイアンのような思い込みの癖を持っていた。

 母親が心配していたのは、人と接するのが苦手なところと、一人で遊んでいることが多いことだった。それは、

  「程度の軽い、アスペルガー症候群に違いない」

最近になって知って、泣きそうになった。

そうしたら、昔の色々なことが、頭の中でリプレイされた。恥ずかしく、哀しかった。

 学生の頃は、母親、先生、友人に守られてきた。社会に出たら、上司が私の弱点をカバーする方法を教えてくれた。

そして、これは、後になってから知ったのだけど、人事から守っていてくれたようだった。

  「何もかもが恥ずかしい」

私の、社会不適合者的な行いは、性格ではなく、症状だった。

何もかもが恥ずかしい。恥ずかしくて、切なくて、申し訳ない。

もし、過去にに、軽い発達障害である事が分かっていたら、もう少し、楽な青春時代を過ごせていたのだろうか。

 テレビのドラマなどで、

  「人生やり直したい」

という台詞が出てくるけど、私の人生は変えられないだろうから、ならば、辛いので、やり直したいとは思えない。

はぁ、久しぶりに、暗い闇に落ちてしまった。でも、それも、ここまで。

  「明日からは、ポジティブに生きるぞぉ!」

マジで ('ェ')

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する