「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

お買い物アドレナリンか?中華製DCアンプ『 LP-2024A 』を買った自分に、カツ!   #買物依存症 #ラックスマンデジタルアンプキット #LXA-OT4

中華製DCアンプ
 『先日の記事』にも書いたとおり、私は、『ラックスマン製 デジタルアンプ・キット 「 LXA-OT4 」』を買った。

その時に、色々調べてて、DCアンプとしては、『Lepy デジタルアンプ LP-2024A + 12V 5Aアダプター』が、音がいい、と評判になっていた。しかも、価格が、4千円前後と安い。そう思って買ったんだけど、今、冷静に考えると、

  「ラックスマンの方が、いい音なんじゃね?」

そう思った。なぜなら、値段差が5倍もあるのだから、いい部品も使っているだろうし。

 実際に音を聴いてみると、ラックスマンの『 LXA-OT4 』の音は、解像度はもちろんあるのだけど、落ち着いた感じの音。高音がキラキラしている。イコライザー等は、無い方が自然な音になる。あると、ごちゃごちゃする感じ。

一方の『 LP-2024A 』は、単品では、高音が出ているのだけど、全体的に、ギラギラした感じの音になっていた。音が、みんな、細い。真空管式のイコライザーのトーンつまみを、全部 50%にして繋ぐと、いい音になった。

 機器の入出力をつなぎ替えたりしながら実験していたら、急に右の音が小さくなってしまった。入出力の左右を交換してもダメ。そのうち、他のアンプでもダメになってきて、疲れて眠ってしまった。

  「すんごい、ショック

目が覚めて、朝イチでスピーカー・ケーブルの端子を締め直して、PCを起動したら、左右の音量の差は無く、普通に鳴った。

  「昨日のあれは、なんだったの?」

 えっと、今のところ、こんな感じ。私、音のプロでも無いので、このまま使い続けて、その音になれてきたら、もうちょっといじってみる予定。

下の記事に、改造を加えることは、ない、と思う。それでは、また。 改造物の参考記事:
LXA-OT4 の企画・設計ばなし
・ブログ記事 LP-2024A+の修理・改造
有名な改造記事
きりしま屋ブログの改造記事
 

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する