「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

天体小僧、カエルの介 🌎✨   #天体観測 #コリート撮影 #デジスコ

望遠鏡レンズ撮影術
 子供の頃、欲しくてしょうがなかった天体望遠鏡を、最近、借りることができた。赤道儀の辺りが、難問だった。家は、北向きの空が無いので、極軸を合わせるのが、大変だった。

結局、コンパス・アプリを使って、磁北から8℃ぐらい回転させ、上下の傾きは、確か、北緯37°に合わせた。レバー回して見ると、微妙に、ズレている様だった。でも、初心者なので、どうしていいか分からない。

  「それは、追々と

今回は、借りた天体望遠鏡に、コンパクトデジカメを付けて、コリメート撮影(いわゆるデジスコ)をして、写真を撮る準備を始めた。

 先日は、いきなり月の写真を撮ろうとした。でも、出来ない。どうしていいか、全く分からなかった。すぐにヨドバシドットコムに、「デジタルカメラ望遠鏡レンズ撮影術 (Amazon)」、の本を注文した。一昨日、注文して、昨日の夕方には、もう、ポストに入っていた。さすが、ヨドバシエクストリーム便 でも、これは、イマイチだった。私の欲しい情報が、少なかった。

 月の写真が撮れなかったので、明るいうちに、家のガラス越しに、遠くの建物を撮影して、調整してみた。

買った本によると、コリメート撮影(いわゆるデジスコ)は、望遠の接岸部分に、デジタルカメラをセットし、ズームで撮る物、らしい。

実際に撮った物が、下の写真。レポート用にちゃんと撮れば良かった、倍率が2倍にも満たない、中途半端な物になってしまった。

以下の写真が、デジタルカメラの、原寸と、約2倍で撮した物。手持ちで望遠鏡とデジカメの、光軸を合わせた。

デジカメには、最小撮影距離があって、被写体から1cmとか5cmとか間を空けなくてはいけない(間隔は、カメラによる)。

このとき使ったのが、CANON の1インチ CMOS を搭載したカメラ。接写で1cm、ズームだと、確か、5cmは離さないといけない気がした。

実際に撮ってみると、最小撮影距離を手でカバーするのは、力業だった。今、Amazon に、望遠鏡にデジカメを固定する機械を注文してある。中国発送の郵便なので、いつ来ることやら。Amazon には、確か、7月20日頃到着予定と書いてあった。
コリメート撮影ノーズーム
コリメート撮影2倍
 この辺のデジタルカメラの実験は、アダプタが来たら、再開することにした。この写真の丸い範囲、「けられ」って言うのか?、これを回避しなくてはならない。いや、回避できるのか?

これ、天体望遠鏡の趣味、面白いんだけど、あやふやなことが多く、色々と勉強しないといけない。まぁ、時間は無限にあるので、ゆっくりやろう。

アダプター到着待ちの現状、出来ることは、

  「天体関係の本を、廃棄、もしくは、整理整頓すること」

はぁ、結局、そこに、戻ってくるのか

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する