趣味探しブログ「研究しましょう」 --- 日記 マガジン

    やりたい趣味を探してネットをさまよう私の、ブログです --- I'm here. Find me out.
0

#SHERLOCK 好きの人は#森見登美彦の『#シャーロックホームズの凱旋』を面白く楽しめる 📖✨️ #読書

シャーロックホームズの凱旋とダヴィンチ
 本屋さんで見かけたことはあったんだけど、王様のブランチで紹介されてたのを見て買う決心をした森見登美彦の『シャーロックホームズの凱旋』。丁度半分ぐらいまで読み進んだ。

 「面白い 📖✨️ 」

本を読んでこれほど面白い、楽しいと思ったのは、小学生の頃に SF全集を読んで以来かも知れない。

『シャーロックホームズの凱旋』とあるけれど、これは、本家コナンドイルのシャーロックホームズの愛好家よりも、BBCテレビドラマ『SHERLOCK』がすきな人の方が楽しめると思う。てか、本家のファンは、この本の魅力を理解できないのではないかと思う。

 『シャーロックホームズの凱旋』は、物語の舞台がロンドンではなく、ビクトリア朝京都、と言う事になっている。本家で出てくるロンドンの地名や通りの名前は京都の地名や通りに置き換わっている。時代は、移動に馬車、照明にランプが使われている時代。

登場人物は、シャーロックホームズ、ワトソン(スンじゃないところがいい)、ハドソンさん、メアリ、モリアーティ教授、アイリーン・アドラーと、SHERLOCKと同じ名前の人物たち。

でも、え?モリアーティ教授ってそんななの?アイリーン・アドラーって、そんな人だっけ?みたいな驚きがある。確かに、SHERLOCKでもそうじゃないとは言ってないので、あり得るのかとも思えた。

話しは、半分までしか読んでないけど、今のところ推理小説と言うよりはミステリーという感じ。話しも面白いし、文章も読みやすく、すいすい読み進むことができる。私は読むのが遅いので、それなりの時間が掛かってしまうのだけど、面白いの時間がもったいないとは思いたくない。

森見登美彦の特集が載った今月号の『ダ・ヴィンチ』も買ってあるのだけど、ネタバレになっていたりしたら嫌なので、『の凱旋』を読み終わるまでお預けにしている。

あぁ、早く続きを読みたい。でも、これ、単行本サイズなので、読み終わったらどうしようか既に悩んでいる。バリューブックスに売ってしまおうか本棚に取っておこうかと。

0

100gの向こう側 🐽💦  #ダイエット #リバウンド #健康 #血圧を下げる

 健康のためにダイエットを続けている。去年10月にリバウンドして以来、今日までに 6.5Kgの減量に成功している。ダイエットの方法は、16時間断食と1時間のウォーキングと腹筋&腕立て伏せ。

節目の体重まで、あと 100gなんだけど、行ったり来たりして、そこを超えることができないでいる。体型も少し変わってきたんだけど、お腹周りの贅肉がなかなか取れない。

運動してもそこは動かないし、ウォーキングでは食べた量よりも消費カロリーが低い。ランとかエアロビとかやらないとダメなのかなぁ。辛いのは嫌だなぁ。

運動が増やせないのなら、食べる方を減らすしか無いんだけど、それもなぁ。あとは、基礎代謝を上げるとか。でも、体組成計で見る限り、筋力は高い方なんだよね。なにか、体温が低い別な要因があるのかなぁ、、、

とりあえず、もっと筋力をつかようかと思う。あと、寝ぼけて、時々お菓子やフルグラを爆食いするのを、なんとか止めたい。とにかく、まずは 100g。

該当の記事は見つかりませんでした。