趣味探しブログ「研究しましょう」 --- 日記 マガジン

    やりたい趣味を探してネットをさまよう私の、ブログです --- I'm here. Find me out.
0

花だらけの公園で、一休み 🌸   #花見 #季節感 #ダイエット

公園は桜だらけ
 Paython 遊びで疲れてしまったので、ウォーキングに出掛けた。公園は、桜だらけになってた。マンボウが終了したせいか、シートを敷いてお花見をする人が多かった。

えっと、桜の次は、チューリップ🌷だっけ。あ、モミジの花と実も同じ時期だった様な気がする。チェックしなくては。

 ちょうど3週間経った、16時間断食ダイエットの結果、3週間で 3kg 減量できた。一日200g前後ぐらい減ってて、途中、寝ぼけてお菓子を食べてリバウンドしての、3kg減。

  「本物だと思います」

でも、標準体重までは、これから気の狂う程の努力が必要だと考えている。頑張る ✨💪

0

Python あるある 💦   #DJIドローンTello #ドローン #Python #趣味探し

 DJIのドローンTello をパソコンから動かして遊んでる。やっと、飛行、着陸ができる様になった。本のサンプルプログラムが不親切で、だいぶ手こずった。

手こずったのには、Pythonの開発環境を構築できていないのも一因だったりする。雑誌で見ると、開発環境には anaconda3と Visual Studio Code がイイと書いてあることがほとんどだっので、トライしてみた。

 困ったのは、pip でインストールしたドローンの操作ライブラリが使えない問題。環境は、MacBookPro の iOS上。Python3は anaconda3 で導入。エディタは、Visual Studio Code を選び、Python の拡張機能を組み込んである。

まず、Python の拡張機能で、anaconda3 の Python を起動するための設定。Visual Studio Code の [Code] [基本設定] [設定] で、[拡張機能] [CSS言語機能] [Python] をクリックし、右の設定項目 [Default Python] に anaconda3 のパス 、

  「 /Users/ [user] /opt/anaconda3/bin 」

を設定する。

これで、右上の [▷] を押して、実行とデバッグができる様になる。

 もう一つの問題は、pip でインストールした Tello 操作ライブラリ tellopy が使えないこと。これは、『Visual Studio Codeでライブラリやモジュールが could not be resolved になる時の対処法』に書いてあるとおりにやることで解決した。

具体的には、MSCode 上で Ctrl + shift + ^ キーを押して、ターミナルウインドウを表示させ、

  「 pip install tellopy 」

として、Tello コントロール用の tellopy モジュールをインストールする。Python を起動し、import tellopy を実行した後に、print(tellopy.__file__) の応答から、モジュールのディレクトリーパスを抜き出す。

設定タグで extra path を検索し、[項目の追加] をクリックして、先に取得したモジュールのディレクトリーパスを追加して終了。

念のために VSCode を再起動して、ソース画面で import tellopy に波線が無いことを確認出来る。ここまで来るのに、かなりの時間が掛かった。

ここまで行くと、右上の [▷] の Debug Python File を選択すると、デバッグモードが立ち上がり、ブレークや変数のウォッチとかができる様になる。

ここまで、ネットで調べてやっとできたんだけど、ネットの人は凄いなぁと思った

 Tello の制御用のプログラムも動いたんだけど、動作の様子を動画に撮って、アップの実験がしたい。

該当の記事は見つかりませんでした。