「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳

    自分がやりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

はい、ケータイ(ガラホ)電話料金、研究しましょう   #音声SIM #通話だけ #研究メモ #わけわかんない

 今まで、ガラホを 980円/月で1100円分の無料通話で使っていた(ちなみに、通話時間は0分)。

それが、先月から 2000円ほどに、値上げになっていたので、次の au 以外の音声 SIM提供事業者を探していた。

miieo 基本料1310円(通話料:10円/30秒)
IIJmio 基本料920円(通話料:20円/30秒みおふぉん10円/30秒)
AEON 基本料1,130円(通話料:20円/30秒)
スーパーカケホ(ケータイ)2年契約1200円/月
  (1回5分無料:超過時30秒/20円)

これ、もし、④が1200円で契約できたら、一番いいかも。10分までなら②のミオフォンがお得。1500円だと、ミオフォンで 25分も掛けられる。

ここ一年の通話実績は、ほぼ0分。掛けもしないのに毎月余計に払うか、掛けたときに高額請求に泣くか、悩ましい。

②の月額920円は、魅力的。まぁ、壊れたらアウトなんだけどね。au なら、メンテナンス代 420円/月を積み立てられる。これも、保険かぁ。

で、au のアン・フレンドリーな兄ちゃんに相談した結果、

  「メンテ代をはずして、生の VKプランSにする」

これだと(2年契約加入時)月額980円で、1100円の無料通話がついてくる。

メンテナンス料の420円は、やめた。au の兄ちゃんが、

  「壊れたらゲオとかで買えますから」

って、言うんだもの。

 しかし、ケータイ事業者の最大のネックは、割引条件の煩雑さだ。まさにカオス。そして、

  「家族割とかは、あきらかな差別でしょう」

家族を持てない人だって、いるじゃない。

総務省だっけ?そういう点を、まず問題にして。てか、総務省は、楽天モバイルの参入に合わせて、新しい官製談合体勢をしきたかっただけだよね。

0

京セラケータイ GRATINA 4G の移籍先を探す 🐾   #ガラホ割引終了 #ガラホの移転先 #楽天モバイル

 au の GRATINA 4G の月額料金を、おねぇさんに色々な技を駆使してもらって 980円ぐらいに抑えて貰った。所が、今月から、その引き落としが2千円ぐらいに跳ね上がった。色々な割引が終了してしまったらしい。

その契約は、パケット通信を止めて貰って、980円の音声無料通話だけを使う予定だった。所が、倍の値段になってしまった。もう、これ以上、適応できる割引は無いらしい。

別に、ファーウェイのスマホを持っているので、GRATINA は解約してもいいんだけど、GRATINA はガラホで、自分で作ったアプリとか動かせられるのが面白い。それに、音がいい。相手の電話の音が聞き取りやすい。

  「だから、電話機として使いたい」

mineo の格安SIM を使うと、基本データ容量500MBが付いて、1310円になる。ただし、通話料は、20円/30秒。高い。まえなら、980円分の無料通話が使えてた。

それを、もう、あきらめてこの話題を書こうと確認しようとしたら、楽天モバイルで、スーパーホーダイ1480円という物をやっていた。ただし、1年間に限り。2年目以降2,980円。そして、

  「楽天でんわ 10分かけ放題」

あぁ、これ、ドコモ回線だ。au 回線は、「組み合わせプラン」なのだ。あぁ、でも、これ、申し込み時期が「2019年9月以前」だった。選べるのは「正式プラン」だけか(楽天回線への移行について)。私の更新月は、11月だ

色々調べて、使えそうなのは、「新・スーパホーダイ」だ。1年目は1480円。2年目以降は、通常の月額料金 2980円となる。

  「一時的に楽天モバイル1480円で使って、その後、捨てるか」

これ、ガラホにしがみつくからこうなる。2年後には、とてつもなく古い機種になるので、買い換えがいいのかも。もしくは、ファーウェイに変えてしまうとか。

  「あぁ、調べないと、考えないと」

未来に、絶望しか見えない

あ、待てよ、au で2000円で行くっていう手もあるカモ。それも、視野に入れておこう。あと AEON もリーゾナブルだった気がする。

該当の記事は見つかりませんでした。