「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

シンクロナイズドトレモロの調整、っぱないっす ★  #ギター改造中 #やめとけば良かった

トレモロユニットの角度
 まだ、フェンダージャパンのストラトは、弦さえ張って貰っておりません。てか、貼っていないのは私だけど、現実逃避で、つい。

シンクロナイズドトレモロの調整方法は、ネットでもあやふやで困ってた。

  「そういえば、昔、ギターメンテの本を持ってた気が・・・」

と、本棚を探してみたら、見つかった。

  「ギター・マガジン メインテナンス・ブック改訂新版 Amazon

あぁ、積ん読状態の本が、初めて役に立ったかも。てか、これが無かったら、今頃、泣き疲れて眠ってたかも。

調整は終わったので、次は弦張りと、1弦のマイク音量の確認と、6弦のオクターブが取れるかどうか。

  「おなか痛い」


0

現在進行中の事 PS.やらなきゃ良かった ★  #ギター改造中

ギター改造中
 なんちゃて PRS をメインのギターとするために、フェンダージャパンのストラトを、ウォークインクロゼットに入れなければならない。

ストラトは、6弦のオクターブと1弦の音量アップ処理を施してから、仕舞う予定。

 最初にマイクの交換をしようと思ったら、ストラトのピックガードを外すには、ネックも取り外さなければならない。なので、マイク交換は断念。

しょうがないので、トレモロユニットにとりかかる。Wilkinson のアームは、一部ピックガードに当たるところがある。そこを削るために、ピックガードを浮かして、本体に傷を付けないように、古雑誌を挟んだ。

ピックガードを削り、トレモロユニットを交換した。最後にネジを締めるんだけど、

  「どこまで締めればいいの!」

締めすぎると、アームが固定されてしまう。緩いと、がたがた言う。前に付いてたトレモロユニットの状態を確認していない。最悪だ。

しょうがないので、今、目分量で締めてる。そして、動かしながら、微調整する予定。なので、最初に張る弦は、何十年も前の使われていない YMAHA にした。傷が付いたら捨てるため。

 しかし、趣味の延長なのに、結局、大がかりになった。トレモロユニットの取り付けの情報の不足。しょうがないと言えばしょうがないんだけど。

  「明日は(正確には今日)、うまく行きますように」

さてと、寝落ちしてこの時間。さすがに眠らないと

該当の記事は見つかりませんでした。