「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

甘噛みする、MacBook Air。 私が、ぽっぽ屋でもあるまいし 💦   #MacBookAir #トラブル #回復方法 #散財

復活したAir2
 先日(だいぶ前に)、キーボードを水浸しにしてしまった、MacBook Air に、電源を入れてみた。

  「あ、立ち上がってるし

前回は、パスワードが入力できなくて、あきらめた。

今回、色々調べたら、数字とか記号は打てるんだけど、アルファベット、enter (return) 、電源キーが打てない感じになってた。

  「キーマトリックスの配線の一部が、ショート?」

そうなると、USB キーボードなら動くかも、と思って、クローゼットを探したんだけど、ブルートゥースキーボードばかりで、USBキーボードは痕跡も無かった。

ブルートゥースキーボードは、デスクトップパソコンの故障時にも使うので、Amazon で発注を掛けた。

  「どうか、これが、突破口となりますように」

('ェ') maji

でも、外付けの USBキーボードをつなげれば動く、とした場合、

  「小さくて軽い Air の意味がなくなっちゃうんじゃない?」

Amazon が来る前に、もうチョット調査しとこう

0

今朝の NHK連続テレビ小説『半分、青い。』を見て思った。   #NHK #NHK連続テレビ小説 #半分青い #朝ドラ #NHK朝ドラ

 今朝の NHK の朝ドラ『半分、青い。』を見て思った。

  「裕子(清野 菜名)はここにいる」

って、それ、

  「律の母(原田知世)の時にやれば、済んだんじゃないの」

自分だって、大好きな、あばあちゃん、じいちゃんを亡くしたわけだし。それを、東北大震災にかけてやるべきじゃ無かったんじゃないの、と思った。

  「せっかく、くっついていた傷が、開いちゃったんじゃない?」

今、考えると、裕子の病院(?)から海が見えて、真っ暗じゃ無くて、漁り火が一杯って、不自然だった。あれも、唐突すぎた。

しかも、最終回まで、あと2日を残して。

逆に、これを、あと2日で、意味のある必然の物に出来たら、素晴らしいと思うけど。

0

水曜日の、お痛(オイタ)、半端ねぇ 💦

今週の本ずら
 先週の火曜日からずっと、本屋さんで物色して考え抜いた物を、買った。

Windows10 物の雑誌は、VPN とか、チョット妖しげな物が載っていたから。Mr.PC の TIPs も、役に立ちそうだった。

プチ潔癖症の私は、本屋で唯一の免罪符は、

  「綺麗な状態の本を買う事」

だった。

なので、この雑誌も、積んであるかたまりの、一番上にある物を避けるために、本をどかした。

その一連の流れの中で、「日経 PC21 」は、一番下の物を手に取った。そして、表と裏と中を確認したはずなのに、家に帰ったら、

  「台から外れてたとこが、フニフニになっていた」

最悪。

  「本を選ぶときには、誰が見ていても、焦らず、確実に」

('ェ')Maji

 Word の本は、履歴書を書いているときに、Word の使い方が分からないことが出てきて、ネットで調べるのも「キーワード」を考えるのもうざかったので、

  「 TIPs的な物を、辞典的な物を、逆引き的な物を買った」

大きな本で詳しく書いてあったのもあったんだけど、新しい仕事についても、カンニング的に見れるように、このポケットサイズの物にした。

これでも分からない物は、かかりつけの本屋さんに行って、その大きい本を調べればいいので。

 最後の Git の「さるわか本」は、Gitが不得意で、

  「大事なソースを誤操作で消してしまうのではないか」

そういう恐怖感が沸いてきて、作業効率が落ちてしまっていた。

で、この本を見たときに、

  「ブランチの例、私が不得意なところだ

そう思って、喜んで買った。

でも、これ、Web上で見れる情報だった。てか、私も観た記憶がある。でも、頭に残っていないのは、内容を理解できていなかったから。

本の形式で、

  「行ったり来たり、ペラペラと、ゆっくり読む事も大切」

そう思って、買った。(本当は、レジに出してから気付いたんだけどね)

 さてと、これらの本を、来週の水曜日までに、読み切ることは出来るのか。左下は、辞書目的だったので、パス。あとの3冊。

  「やってやろうじゃ、ありませんか」

(今まで、そんな事が出来たためしがない。いつも、買っただけで、読んだ気になって、安心してしまう)

0

無意識

 どっかの WEBサイトか、ツイッターのタイムラインでか、

  「爪が甘い」

と書いてあった。

でも、その文章が、私の目を通して脳に入れられた情報は、その文章の意味は、

  「詰めが甘い」

だった。

私の頭の中には、その「詰めが甘い」という意味が、何の違和感もなく、インプットされた。どこで変換されたのか、自分でも分からない。

  「爪が甘い ⇒ つめがあまい ⇒ 詰めが甘い」

という感じだったんだろうか。それが、無意識に行われた。

 話しは変わって、最近、手から物が落ちる事が多くなった。

  「物が、手に付かない」

と言ったっけか。

手に持ったその物が、手元を離れ、下に落ちる時に、

  「(割れてしまうかも。床に傷が付いてしまうかも)」

そう思った瞬間、足を出して、足の甲を出して、その物に当て、そのワンクッションで、物と床を守る自分がいた。

  「運動音痴な私なのに、なんと素早い」

部活で、けまり部、なんかに入った覚えもない。

該当の記事は見つかりませんでした。