「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

グーグルマップの使い方が、分からない

グーグルサービス教本
 スマホで一番便利なのは、マップだ。逆に、マップが使えないなら、スマホを持つ意味がない。

ところが私、ずっとマップアプリが使えないでいた。そこで、本棚をひっくり返して、やっと見つけた。

  「Googleサービスがぜんぶわかる本 完全版

これで、グーグルマップアのところを見たんだけど、なかなかわからない。本の通りにやってもダメで、少し応用を加えて、やっとうごく事が分かった。

事前に調べた地図上の位置を保存したショートカットを作る方法、が一番わかりやすかった。

  「一般のスマホユーザーは、こんなこと、知ってるのか?」

彼らを尊敬すると供に、負けないように、いろいろなやり方を、頭にたたき込まないと。

0

ライフワーク、再燃す

本棚2016SUMMER
 ここのところ、本棚の整理に没頭している。本箱の一区切りごとに、同類の本を入れるようにしている。

多くてあふれてきたら、本を捨てるか、別のブロックを侵食する。この作業は、繰り返し行われる。本には、大小と、厚みにバラエティーがある。

古い物を捨てて、新しい物を保存する、と、一意的に決める事はできない。見出し項目や、発行日や重版も評価の対象にする必要がある。情報量の多い本、保存が長く普遍的な本、評価ポイントは、いくらでも増減する。

今回は、英語の本と、PCやスマホ関連の整理をした。興味のある分野だけに、中をきちんと見て捨てないといけないと思って、やった。そうすると、本の数を、なかなか減らすことができない。

そこで、今回、本を減らす作業が停滞してきたら、本箱の1ブロックを、ジャンルにとらわれず、整理中の本を置く棚とした。

そこには、雑多な物が集まり、また、そこで煮詰まった考えも、そのワンクッションでクールダウンされるので、本の中身を冷静に見直すきっかけとなる事もあった。

  「今回は、本の整理が進むかも知れない」

そう思った。

でも、そのブロックから抜け出せない物や、外にうずたかく置かれた月刊誌のバックナバーがある事が、私の頭の奥底に引っかかっている。

  「そこは、単なる時間稼ぎの場所なのかも知れない」

ま、そうなった、そうなったで、また考えればいい。なにせ、本の整理は、私のライフワークですから。

該当の記事は見つかりませんでした。