「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

吉田カバンよりも良いかも知れないカバンメーカー、ALPHA INDUSTRIES INC.   #ビジネスバッグ #カバン

ALPHAロゴ
 最近、気になっている、主としてビジネスバッグのメーカーの、

  「ALPHA INDUSTRIES INC. は、いいかも」

吉田カバンのように、不必要に重くない。そして、秀逸なのは、

  「ファスナーが、真綿のように柔らかく、開け閉めできる事」

街で見掛けたら、ゼヒ、ファスナーを開け閉めしてみていただきたい(あ、そこそこ、おねぇさんのスカートのファスナーじゃないからね)。今までのビジネスバッグを思い起こすと、これは、夢のようだ。

 ちなみに、以下は、ツイッターの広告で出ていた、パソコンバッグ。これを、ビジネスバッグに入れて運んでもイイ。寸法をチェックしろ。もしくは、実際に、物を入れてみて。

0

【Android な夜に】MediaRecorder で、うまく動画が保存できないという人のために、その2。フレームのバイトデータを取得する方法 ☆   #アンドロイド #Androidプログラミング入門

 この記事を検索で来たいという事は、以下の情報は、既知のはず。

  「#13 やってみよう画像処理『カメラのbyte列をいじる』

それと、このベースとなっている、

  「Developerサイトの Cameraの解説

これを検証するために、「前回の記事」では、プレビュー画面が表示されるところまで書いた。

 今回は、ビデオフレームのバイト( byte バイナリ)データを取得する部分を動かした。

以下のソースがそうなんだけど、上記の WEB で足りないところがある、それは、ここの部分。

// add here
private byte[] mFrameBuffer = null;
private static final int PREVIEW_WIDTH = 320;
private static final int PREVIEW_HEIGHT = 240;
// end of add

ここの部分を、MyCamera クラスのメンバ変数として、グローバル化しないといけない。

でも、それだけで、onPreviewFrame() の引数から、ビデオフレームの byte[] データを取得できる。ただし、onPreviewFrame() は、UIスレッドで呼ばれる模様。

つまり、表示やキー操作が止まると言うこと。急いで処理しないと、アプリがハングってしまうので、注意。バイトデータが得られているかは、このアプリを動かして、ログ画面に「[MC]:>>>」が表示されるかどうかで分かる。以上。

public class MyCamera extends AppCompatActivity { private Camera mCamera; private CameraPreview mPreview; private final String TAG="[MC]"; /** A basic Camera preview class */ public class CameraPreview extends SurfaceView implements SurfaceHolder.Callback, Camera.PreviewCallback { private SurfaceHolder mHolder; private Camera mCamera; // add here private byte[] mFrameBuffer = null; private static final int PREVIEW_WIDTH = 320; private static final int PREVIEW_HEIGHT = 240; // end of add public CameraPreview(Context context, Camera camera) { super(context); mCamera = camera; // Install a SurfaceHolder.Callback so we get notified when the // underlying surface is created and destroyed. mHolder = getHolder(); mHolder.addCallback(this); // deprecated setting, but required on Android versions prior to 3.0 mHolder.setType(SurfaceHolder.SURFACE_TYPE_PUSH_BUFFERS); } public void surfaceCreated(SurfaceHolder holder) { /* // edit // The Surface has been created, now tell the camera where to draw the preview. try { mCamera.setPreviewDisplay(holder); //mCamera.startPreview(); } catch (IOException e) { Log.d(TAG, "Error setting camera preview: " + e.getMessage()); } // これの代わりに // mCamera.setPreviewDisplay(holder); // end of edit */ // こっちを使う mCamera.setPreviewCallbackWithBuffer(this); mCamera.startPreview(); } public void surfaceDestroyed(SurfaceHolder holder) { // empty. Take care of releasing the Camera preview in your activity. // add here mCamera.setPreviewCallback(null); } public void surfaceChanged(SurfaceHolder holder, int format, int w, int h) { // If your preview can change or rotate, take care of those events here. // Make sure to stop the preview before resizing or reformatting it. if (mHolder.getSurface() == null){ // preview surface does not exist return; } // stop preview before making changes try { mCamera.stopPreview(); } catch (Exception e){ // ignore: tried to stop a non-existent preview } // set preview size and make any resize, rotate or // reformatting changes here // add // というわけでここに初期化処理を書きましょう // これからパラメータをセットするぜ Camera.Parameters parameters = mCamera.getParameters(); // カメラのプレビューサイズ。 // 設定できる値は機種依存だが、簡略化のため決め打ち parameters.setPreviewSize(PREVIEW_WIDTH, PREVIEW_HEIGHT); // フォーマット // 特に設定しなければNV21になるが、せっかくなので明示的に書くよ parameters.setPreviewFormat(ImageFormat.NV21); // 以上をカメラに設定だ! mCamera.setParameters(parameters); // インスタンス生成はあらかじめやっておこう作戦 // フレームバッファ byte (NV21) int size = PREVIEW_WIDTH * PREVIEW_HEIGHT * ImageFormat.getBitsPerPixel(parameters.getPreviewFormat()) / 8; mFrameBuffer = new byte[size]; // end of add /* // start preview with new settings try { mCamera.setPreviewDisplay(mHolder); mCamera.startPreview(); } catch (Exception e){ Log.d(TAG, "Error starting camera preview: " + e.getMessage()); } */ // add // フレームバッファを追加して、プレビュー開始! mCamera.addCallbackBuffer(mFrameBuffer); mCamera.startPreview(); // end of add } // このdataこそが求めていたbyte配列だ!! public void onPreviewFrame(byte[] data, Camera camera) { Log.d(TAG, ">>>"); // ここに描画処理 // バッファに追加することで、次のフレームを待ち受けます mCamera.addCallbackBuffer(mFrameBuffer); } } /** Check if this device has a camera */ private boolean checkCameraHardware(Context context) { if (context.getPackageManager().hasSystemFeature(PackageManager.FEATURE_CAMERA)){ // this device has a camera return true; } else { // no camera on this device return false; } } /** A safe way to get an instance of the Camera object. */ public static Camera getCameraInstance(){ Camera c = null; try { c = Camera.open(); // attempt to get a Camera instance } catch (Exception e){ // Camera is not available (in use or does not exist) } return c; // returns null if camera is unavailable } @Override public void onCreate(Bundle savedInstanceState) { super.onCreate(savedInstanceState); setContentView(R.layout.activity_my_camera); // Create an instance of Camera mCamera = getCameraInstance(); // Create our Preview view and set it as the content of our activity. mPreview = new CameraPreview(this, mCamera); FrameLayout preview = (FrameLayout) findViewById(R.id.camera_preview); preview.addView(mPreview); } }

次回は、ビデオデータを保存するところを予定。

0

ラストカゲ・・・   #ブンバボーン #ゴジラ

ゴジラ小スタート
 最後のゴジラ写真。やっぱり、大きくは映らない。トカゲにしか見えない。もっと近づかないとダメだったのかも。なんか、臨場感が、ゼロだ。

  「いつか、再トライしてやる!」

会社のメールは、上司にモニターされているので、スマホやガラホを使って、別なアドレスで、社内メールを送受できるように作業中。

ガラホでフリーのメールソフトを使ったら、アカウントは2個までだし、本文には、プロモーションコメントが入ってしまう。さすがにそれはまずい。なので、再調査、決定。

 今日から、NHKラジオ英語講座始まった。とりあえず、みんな聴いたけど、ブログ記事を書きながら聴いていたので、頭に残ってない。

  「てか、いきなり、ダメなパターンじゃん!」

明日、2日分やらないと。

やばい、寝落ちして、目が覚めて、この時間。そろそろ寝ないと。明日(正確には今日)、起きれなくなる。

該当の記事は見つかりませんでした。