「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

うまく行かねぇ 💦   #趣味探し #天体観測 #電視観望

 スコープと USBカメラを買って、星雲や銀河の写真を撮ろうとしてる。今日、やっと、星雲が撮れたと思ったら、どうやら、ピントがずれていて、星が膨張して、銀河ぐらいの大きさになっていただけだった。

  「何が駄目なのか、全く分からない

調べる手がかりが、何かあればいいのに。空に、空の星に、「これが○○星雲です」、とインデックスが付いていればなぁ。星の位置が分かる、VRゴーグルが欲しいなぁ。

 電視観望では、USBカメラで動画を撮って保存する。そのサイズが半端ない。ルーターに USB HDDを付けてあって、それを NAS として使おうと思っていた。

ところが、それも、うまく行ってない。Windows10 側からは問題ないのに、MAC系側からアクセスできない。結局、おきて破りの guest ユーザーでアクセスする事にした。セキュリティはあれだけど、外から入れ無ければいいので。

しかし、MAC 系って、癖があるなぁ。多分、ハードを純正でそろえれば問題ないけど、そこから外れると、泥沼になる感じ。

 シャワー便座が壊れたので、交換の見積もりをお願いして家に来て貰う手配をした。そしたら、

  「シンクの蛇口が壊れてしまった」

故障が連鎖するって、ホントだな。

さてと、そろそろ寝ないと、明日も駄目な日になってしまう

0

電視観望の研究の続:QuadBP フィルターⅡの実力✨️ 🔭   #趣味 #天体観測 #電子観望

電子観望システム#1
 早速、注文した、QuadBP フィルターⅡが届いた(上の写真、真ん中辺りの丸いケースに入った物)。届いた昼前、USBカメラに付けてみた。レック・スルー画面が暗くなった。以上!

夜にもやってみたけど、やっぱり暗くなってるだけ。星の見え方は、付ける前より、カメラのゲインや撮影の露出時間が増えただけだった。それでも、撮せる星は、増えたかも知れない。

今夜は、薄雲が広がっていて、昼の写り具合から考えると、銀河、星雲が、見えるとは思えない。今夜はやめておこう。

  「明日は、見えますように

天体観測をライフワークにする件、駄目かも。だって、失敗ばっかりしてるから。先生こと、近所の知人は、アドバイスをくれないし、役に立たない。

最近、天体観測技しか、磨いていない。曇ってる夜は、プログラミングとか、読書とか、過ごそう。

0

電視観望の研究の続き✨️ 🔭   #趣味 #天体観測 #電子観望

電視観望ガイドブック
 この『電子観望ガイドブック』が欲しくて、これがおまけとして付く、USBカメラ Players ONE MARS-C を買った。星雲・銀河用の鏡筒は Asker FMA135 にした。そして、QuadBP フィルターⅡ の購入。

これらは、全部、先の冊子『電視観望ガイドブック』で紹介してあった物。

  「まんまとやられたよ」

電子観望システム#1
 鏡筒は、左の赤い奴。右は、別の望遠鏡の鏡筒。右真ん中にある丸いプラケースの中に、『QuadBP フィルターⅡ が入っているのが見える。

フィルターの効果を、今日、試したかったんだけど、雨が降っているので、断念。

  「早く実験したい

星雲・銀河用の鏡筒なんだけど、フィルターを付けて、うまく撮影できるのか確認したら、惑星用の鏡筒を手に入れる作戦を練る予定。

  「電子観望、趣味に出来るといいなぁ」

頑張るぞぉ!

0

生活の乱れ   #電視観望 #天体望遠鏡 #タイムリープ投稿

 梅雨も明けたので、『電視観望』の環境作りにいそしんでいる。今日は、屈折型望遠鏡と、超小型銅鏡 FMA135と、スコープのセンター合わせをした。元々付いていた、スコープと屈折型望遠鏡は、簡単にセンターを合わせられる問題は、

  「そもそも FMA135 には、調整機構が弱い」

FMA135 に関しては、本体を取り付けているベルトと USBカメラを固定しているネジの順番を、奇跡的に合わせられた。今、二つの銅鏡とスコープが同じ物を見れるように調整されている。

USBカメラの画像も、MacBookPro 上の SharpCap 上で見れている。そこで、次の段階として、

  「銀河・星雲の写真を撮る」

のが目標なんだけど、環境は、撮れうる環境のはずなんだけど、『銀河・星雲』の位置が分からない。本とか、Vixen のアプリ Nebula Book も、快適とは言えない。

  「私の電視観望環境は、正しいだろうか?」

まずは、星雲・銀河を望遠鏡で覗いて、それから、機器の評価と購入の検討をしたい。する予定。てか、毎日やってる。

0

少しずつでも動き出す   #研究 #天体観測の研究

今日の星空2021年7月18日
 梅雨明けした、次の日の今日、空に雲が見当たらないので、望遠鏡を向けてみた。CMOSカメラで虚空を写すと、星々が見える。

  「えっと、銀河はどこですか?」

探し方が分からない (上の写真をクリックで、少し拡大できる)

まぁ、でも、星が映っているのが分かっただけでも、進歩だ。

0

星雲星団を見るための準備 🔭✨   #天体観測 #電視観測 #星雲星団

星雲星団ベストガイド表紙
 木星と土星は見れることが分かったので、次のステップとして、電視観測の実験をしている。

そのターゲットは、星雲星団だ。これは、惑星よりも、大きな範囲を見れないといけないので、倍率が低めで、明るいレンズが必要になるらしい。ま、それは、趣味に出来ると決まってから、買えばいいんだけど。

さっそく、星雲星団の観測関連の本を買った。『星雲星団ベストガイド―初心者のためのウォッチングブック』この本には、星雲星団の探し方が、一般的な望遠鏡を使った時に見える画像を中心に、書かれている。
星雲星団ベストガイド中オリオン大星雲
 前日の本は、星雲星団の写真は、お世辞にも、綺麗だとは言えない。綺麗な写真も見たければ、これ。『メシエ天体&NGC天体ビジュアルガイド: メシエ天体110個+主なNGC・IC天体を収録』これは、まだ、買っていない。

実験して、本当に星雲星団が見れるかどうかを試してから、買う予定。

このカテゴリーに該当する記事はありません。