趣味探しブログ「研究しましょう」 --- 日記 マガジン

    やりたい趣味を探してネットをさまよう私の、ブログです --- I'm here. Find me out.
0

Player One #Neptune-C II は、輝点が多過ぎる 🔭💦   #電視観望初心者 #天体観測初心者

Neptune-CIIの輝点が分かる画像
 今は電視観望による天体観測をやっていく予定でいる。その手始めとして、PHD2の設定と、逆極軸合わせををやった。それで、次のステップに向けてライブスタックで試し撮りをしてみた。そしたら、緑や赤い点がいっぱい写ってしまった、

ダークを撮ってみたら、

 「Neptune-C II って、輝点が多すぎ!」

CMOSカメラって、こんななのか?

チョット試したらスナップショットではダークを適用すると消えるみたいなんだけど、データを保存するためには SharpCapのライセンスを買わないといけないらしい。今度、ライスタックでも消えるか、試してから考えよう。

しかし、撮って出しとは言え、ノイズがそう想像以上に多いのにはチョット引いてしまった。これからやらなくてはいけないことが、いっぱいありそう💦

0

北極星が見えない時の極軸合わせと #PHD2のガイディング設定 ✨️🔭  #極軸合わせ #天体観測初心者 #電視観望初心者

AZ-GTiと天体望遠鏡
 私の天体観測ポイントはマンションのリビング、そこから北極星が見えないので、極軸合わせができない。最初は、一生懸命コンパスで北を向けたのだけど、あるとき、賢い方法を思いついた。

① まず、とりあえず望遠鏡を北に向ける。SynScanPro でなるべく明るい星で『1スターアラインメント』をする。ファインダースコープを覗いて、微動雲台の緯度つまみを動かして星がセンターに一番近づくように調整する。

② 次に、同じようにファインダースコープを覗いて、星が中心に来るように、微動雲台を水平方向に動かす。足りないときは、望遠鏡の三脚を回す。

これを何回かやると、1回のアラインメントで星を捉えることができる様になる。これで、たぶん、極軸もあっているのだろうと思う。でも、赤道儀として星を請託に追尾できるとは思えないので、PHD2でガイディングする。
逆極軸調整後のPHD2の結果
私の AZ-GTiのシステムは、恐らく5Kgの最大荷重を超えていると思う。なので、せめてもと、望遠鏡のバランスを取り直した。あと、逆極軸合わせも緯度系の調整をし直した。そしたらガイディングの安定度が増した感じになった。

上のスクショで、y方向のスケールは ±2” に広げているんだけど、 ±1” に収まっているのが分かる。ただ、『ターゲット』のグラフの赤経センターがずれていて、どうすれば改善できるのか、今のところ不明。

 PHD2の仕組みは、相変わらず分からない。WEBで見つけた資料『PHD2 v2.6.11dev4 ユーザーガイド』の『詳細』を時々見るんだけど、やっぱり、何が何だか分からない。

 それでも、パラメーターをいじってて、なんだか効果があった気がする設定を以下にメモする。
PHD2ガイド設定
前にも書いたけど、使っているガイドスコープ SVBONY SV165の焦点距離は120mmなんだけど、そのまま設定するとうまくいかなかった。以前、こじつけで 120*4.77=652mmを設定したらうまく行っているかんじなので、そのままにしている。

今回の逆極軸合わせでガイディングの安定度が増したので、再度、焦点距離を戻して実験してみる予定。

 キャリブレーションステップを大きくしないとキャリブレーションに失敗することが多いので、毎回これくらいの値にしている。
PHD2アルゴリズム設定
もう一つ効いている気がしている設定が、『バックラッシュ補正』。AZ-GTi はバックラッシュが大きいと聞いたことがあるので、『最大』を 750位にし、『量』は最小の20にしてスタートしている(スクショの『量47』は、キャリブレーション後の値)。

 今回、望遠鏡のバランスを取り直したり、逆極軸合わせをやったらガイディング性能が向上した感じになったんだけど、AZ-GTi がスムーズに動けるようになったおかげじゃないのかなぁと思っている。なにせ、5Kgの最大荷重を超えているので 💦

0

#星ナビ2024年2月号 の付録『#天体画像処理2』は使える 🔭✨️  #天体観測初心者 #電視観望初心者

星ナビ2024年2月号
 月間星ナビ2024年2月号を買った。付録『天体画像処理2』が使えそうだったので。今回は、ダーク、フラット、光量ムラの補正が嬉しかった。具体例としては、ステラナビ9の使い方が紹介されている。

本誌の記事に関しては、あまり、そそられなかった 💦
星ナビの天体画像処理シリーズ一覧
電視観望初心者の私にとって、星ナビの付録『天体画像処理』シリーズは、ありがたい。今後の予定としては、パート4まであるらしい ✨️

 実は、昨日、久しぶりに望遠鏡を動かそうとしたら、パソコン上の SynScan Proから AZ-GTi につながらなくなっていた。色々やって結局はつながったんだけど、原因は、

  「使い方をすっかり忘れてた 💦」

具体的には、パソコンの WiFi を AZ-GTi に接続してなかっただけ。どんだけ?

それだと面倒くさいなぁと思い、AZ-GTi を自宅のルーターに接続することにした。その際に AZ-GTiのネットワークの設定で DHCP利用にすると AZ-GTiを見つけられなかったので、固定IPでルーターに接続するようにした。

天体観測をサボりすぎていたので、夜に晴れたら必ず望遠鏡を動かすことに決めた。まずは、去年途中で終わった PHD2のセットアップの続きをやること。そして、オリオン座周りで、撮影の練習をしようと思っている。てか、する 🔭💦

0

天文趣味 PHD2で滞る 🔭💦  #天体観測初心者 #電視観望初心者

 天文趣味は、今、ガイディングソフト PHD2の設定がうまく行かない。以前やったときに、理屈が分からないままうまく行ってたので、機材が変わった今、応用が利かずうまく動かない。

一から研究を始めないと 💦

0

天体観測の活動計画:コリメート撮影  #天体観測初心者 #電視観望初心者 #趣味探し #ライフワーク

木星コリメート
 自分の鏡筒を買ったのに、東京の夏の夜はずっと曇ってて、天体観測活動ができなかった。で、ここに来て、やっと夜空が晴れるようになったので、活動を開始しようと思ったら、

  「導入ずれてる、ガイディングできねぇ」

と、天体観測どころではなかった。

 天体観測を趣味とするに当たって、星雲・銀河の観測をターゲットとするために80mmの屈折望遠鏡を買ったのに、なんか、色気を出して、土星とか木星の写真も撮りたくなってしまった。

それなら、MAK127 を買うべきだったんだけど、天体観測はそれほどマジでやる気は無いので、扱いが難しいといわれている鏡筒はパスした経緯がある。

直焦点でやってみようとしたら、 PHD2のセッティングがうまくできてなくて、うまくガイディングできない状態になってた。これから、これを解決しなくてはいけない。

もう一つ、アイピースで倍率を上げて、コリメート撮影で動画を撮るのは如何かなぁと思って、実験を始めることにした。とりあえず、カメラで木星を撮すところまではできた。あとは、大きく取るためのカットアンドトライ。

  「素直に、MAK127を、、、」

まぁ、色々いじってみるのも、趣味のうちなので 🔭💦

 ということで、今日からガイドスコープの確認と PHD2の設定を始めようと思う。前にやったんだけど、なんか、イマイチ、仕組みが分からなくて、良い結果が出せてない記憶がある 💦

0

気付いたら、オリオン座が観測窓に入りそう 🌀🔭💦  #天体観測初心者 #電視観望初心者

 明日は晴れるかなぁと、夜中の2時半に空を見たら、マンションの観測窓にオリオン座が入ってきた。さすがに、この時間から天体観測は始められないけど、明日起きたら、

  「観測計画を、練りなおさないと」

てか、プレートソルビングとか、ガイディングとか、まだ準備出来てないんだけど。油断してたぁ 🔭💦

このカテゴリーに該当する記事はありません。