「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

最高のスマートウォッチを求める方法   #スマートウォッチ #中国製 #中華製

 今、中国製の スマートウォッチは、5千円前後で買える。最低限、生活に便利な機能は、欲しい。

  ① 体温計、血中酸素濃度、血圧、心拍数
  ② 運動機能データ、睡眠時間解析
  ③ アプリの通知の表示

私は、これらの機能を求めて、十数個の中国製スマートウォッチを買った。それでも、一つとして、カンペキなスマートウォッチは手に入らなかった。

M10は、①と③はいい結果を出してくれたんだけど、②の睡眠時間は、入眠、起床共に、正しく識別できていなかった。睡眠時間解析は完璧な W12は、古い機種なので、体温と、血中酸素濃度は測れない。

 そうこうしているうちに、最後のスマートウォッチを買ってからだいぶ時間が経ったので、最新のスマートウォッチを物色していた。その時、ふっと思った。

  「普段は M10 をして、寝る時だけ W12を付ければ良くね?」

全てを兼ね備えたスマートウォッチは手に入らないので、それなら、いいとこ取りをすればいい。

M10は、アプリの通知の表示がいい。通知の内容を表示してくれる。携帯へコードを送信して認証数サービスも、スマホを操作しなくても、M10のディスプレイ上にコード番号を表示してくれる。

通知を表示するアプリを選択することも出来るし、その中に通知を表示したいアプリが無い場合は、『その他』を選択すると、全てのアプリの通知を表示するようになる。

M10の血圧計の値は、私の計測値を見ると、医療用のそれに近い値を出していた。息苦しいと、血中酸素濃度は 90%を切る値まで下がる。

残念なのは、『天気と気温』の表示がでたらめなこと。サポートにメールした時は、Yahoo!天気の値を表示していると返信されたんだけど、値が、微妙に違っていた。なにか、バグが含まれている。

睡眠時間解析に関しては、W12と HBandアプリの組み合わせは、完璧のように思われる。途中、目が覚めると、『前の睡眠』『後の睡眠』と、分割されたそれぞれの睡眠情報を表示できるようになっている。

 中華製品は品質が悪いと嘆いていて、いいとこ取りに気付くまで、時間を無駄にしていた。

ただ、Apple Watchに体温測定機能が付いたら、

  「ゼッタイに、Apple Watchを買う!」

1個5千円程度のの中華製スマートウォッチを 10数個も買ったら、5万円ぐらいになってしまう。そのお金があれば、品質的に大丈夫であろう、Apple Watchを買えるから。サポートもちゃんとしてそうだし。

0

スマートウォッチのベストバイが、起きなくなった 🔋💦   #スマートウォッチ #iPhoneSE2

 今まで買って、試しては失敗続きのスマートウォッチ、M10 と言われる機種がベストワンだった。しばらく使ってた。それが、今回、充電が終わったら、電源が入らなくなった。

そう言えば、前にも起動できなくなったっけ。あの時は、しばらくしてから電源を入れたら、すんなり起動したことを覚えている。どのくらいの時間の後起動したかは、覚えてない。

  「もしかすると、過充電の保護回路が入って無いとか?」

今回も、しばらく置いて、何度でも電源スイッチを押そう。それでもだえだったら、販売会社に問い合わせしよう。

ちなみに、充電器の方は、テスターで調べたら、電極が押されようが、押されまいが、ちゃんと5Vを供給していた。問題は、やっぱり、スマートウォッチ本体だと思われる。

せっかく、スマートウォッチのベストワン、だったのに、やっぱり、私は、付いてないのかなぁ。
 

3

スマートウォッチ『H2』の憂鬱 💦   #スマートウォッチH2 #バグ

 定価一万円のスマートウォッチがあ、4千円ぐらいで買えるというので、H2を買った。体温計、血中酸素量、血圧、心拍数が測定可能。通知は、Gmail の通知にも対応。2重に来る通知は自動的にカットしているように見える。

今まで、10個以上のスマートウォッチを買ったのだけど、カンペキな製品に行き当たっていない。なにがしらの不具合や、昨日不足がある。

そんな中、今回の『H2』は、商品仕様が完璧だった。通知メモリは8個分確保されていて、それを、時計側で見ることが出来る。

そんなH2を検査しながら動かしていて、致命的なバグを発見してしまった。それは、血圧の測定に於いて、

  「AndroidアプリとiPhone アプリでは、30以上異なった値を出す」

一例として、Androidでは 116mmHgなのが、iPone では 144mmHg位の値を出す。時計本体だけで測った時は、 116mmHgだった。血圧の変化も、小さ過ぎる。

私、最近、血圧が上がり気味なので、この値の違いは、受け入れがたい。

  「でも、どうしようもない」

この検証に、何日も使ってしまったし、私の、なんと付いてない事よ
 

0

どうやら、スマートウォッチH2は、多くのバグを抱えている、かも知れない    #スマートウォッチ #知的生産の技術 #H2

スマートウォッチH2
 スマートウォッチH2は、体温、血圧、血中酸素濃度、心拍数を図ることが出来る。でも、適当な計り方をすると、時計がハングしたような状態になる。

実際は、表示と計算のタイミングが合ってないように見える。現象と原因はまだ特定できていないので、速報!って感じ。

このH2は、血圧計の値と3時間以上の睡眠しか計測できない。それでも、誤判定が無ければ、使えるスマートウォッチに違いない
 

0

私は、自ら、不運な道を選んで歩いているに違いない 💦   #不運 #付いてない

スマートウォッチH2
 ネットを徘徊していたら、写真の H2というスマートウォッチが発売されていた。私は、なぜだか、これを、最新改良版に違いないと思い込んでいた。

メールで問い合わせたところ、通知のメモリ容量が8個分あると知って、これは、買わないといけないと思った。

レビューを見ると、血圧の値が高すぎる、という意見と、正常だという意見があった。血圧は、時計と心臓の下からの距離で変わると知っていたので、そのせいだと思っていた。

私の持っている P29では、睡眠時間が上手く特定できていなくて困っていたのに、それについては、あったくしらべ無かった。

かくして、手元に届いたH2には、こんな不具合があった。

  ① 血圧の値が140近辺に貼り付いている
  ② 睡眠時間を上手く解析できていない

結果、私の持っているP29の方が、血圧が正しい値を示せる分、優秀だった。

これ、私に運が無いのではなく、単なる、

  「私の破談ミスじゃん!」

泣きそうになった

しかし、放っておくわけにもいかないし、何か、解決策を探して魅了と思ってる。取りあえず、今日は、睡眠解析の再確認をしよう。
 

0

iPhoneSE2 の設定 🔥;最近環境構築ばっかりだ 💦   #スマホ機種取り替え #アンドロイド #iPhoneSE2

iPhoneSE裏側
 新規購入した iPhoneSE2の設定を始めた。IIJmio の nano SIM が1個しか無いのが不安。

取りあえず、iPhoneSE2 は SIM無しで動かす。取りあえずは、WiFi 接続が出来れば、なんとかなると思ってる。

SIMカードを入れないで、iPhoneSE2 を起動すると、写真の様に「 SIMなし」という表示が出るのだけど、WiFi 設定は全く問題なく服を取り替えさせた。

その後、メールから何から、色々やって。新しい(たぶん、モバイルSuica)Suica をチャージした。途中に時間切れで、1秒も処理できなかった。

それでは、おやすみなさい ✨
 

このカテゴリーに該当する記事はありません。