「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

次から次へとバッグから出てくる、小さな『白い点ゴミ』の正体が判明   #バッグのゴミの正体 #トレブル

白い点ゴミの正体
 私のリュック(デイパック)やインナーバッグ、カメラケースに付く、白くて小さなゴミの正体が分かった。(それが、カメラのレンズの中に入ってしまうと、思ってる)

 発見の顛末は、こう。この白いゴミは、リュックの中にも、外にも、付いている。外のは、息で吹いたり、軽くはたいたりして落としてた。

問題は、リュックの中のゴミ。これがなかなか無くならない。中の物を全部取り出し、それぞれ、息を吹きかけたり、手で払ったりした。その時は取れても、気が付くと、リュックの中は白いゴミだらけ。

リュックを調べても、中の物を調べても、ゴミが吹き出す原因は見つからない。それ以上は、どうしようもないので、一時保留にしていた。

ところが、ある朝、髭を剃って、電気シェーバーの内歯に付いた、削りかすを見て思った。

  「この皮膚の削りかすって、例のゴミじゃない?」

早速、新しいカメラ・ケースの中の白い点ゴミを取り除いてみて分かった。

  「冬の乾燥でボロボロになった、指の皮ジャン!」

灯台もと暗しとはこの事。

ゴミを除去しようと、リュックに手を入れるたびに、指の皮の白いゴミを中に溜めてたことになる。

  「無限ゴミの秘密」

対策は、これ ↓
atixハンドミルク
手を洗った後に、手が濡れたままハンドミルクを塗り込む(水と混ぜて手に塗りつける感じ)。水が乾くまでは、少しべたつく。紙を触ると、シミが出来る事もある。

 これが分かったのは昨日、一昨日ぐらい。まだ、新しいカメラ用のリュックに移し替えていない。この新しい試みの顛末は、後日、話題にする予定。

0

センチメンタル・ジャーニーな準備 ♪💦   #胃カメラ #昔聴いていた音楽

 胃カメラを飲むために出かける準備をしていたときに、なんか、大学生時代から、新人、今現在に至るまでの、辛かったこと、寂しさ、恥ずかしさ、そういう感情が、一気にわき出てきた。

  「人はその時、それまでの人生が走馬燈の様に現れる」

」 というのは良く聞く話しだけど、私は、別の理由を知っている。それは、準備をしている間中、

  「学生時代に聴いていたプレイリストを掛けていたから」

ボビーコードウエルやら、松たか子やら、まぁ、古い曲ばかり。

しかし、ほんと、人間って、恥ずかしかったことは、ずっとを覚えているものだなぁと、感心してしまう。

  「そんな、やっちゃったこと、お盆にも、帰らないのに」


0

相変わらず、ついてない   #割り込み #宝くじ

黄色い紅葉
 スクラッチを買おうと、2番目で並んでいた。前の人がどいたら、横でマークシートを記入していたオッサンが、私を差し置いて、注文を始めた。

  「あのぅ、こっちに並んでいるんですけど 💢 」

と言ってやりたかったんだけど、そんな常識の無い人間に恨まれでもしたら、何をされるか分からない。すんでの所で、思いとどまった。

そのオヤジ、頭が悪いらしく、申し込みシートのチェックが足りなかったり、多かったり、多いのを中途半端に消してエラーになったり、人の時間を使いまくってくれた。

  「そうまでして買ったヤツが、当たるはずが無い!(キッパリ)」

家に帰って、自分が買ったスクラッチを削ってみたら、みんなハズレだった。2百円すら、当たってなかった。ずしっと、落ちこんだ。

 話しは変わって、今、本の整理をしている。本箱のブロック別の所に、入れ直している。捨てられる古い物は捨ててるんだけど、ちょっとでも興味が湧いてしまうと、ペラペラめくってしまい、捨てられない。果てしない。

  「あぁ、もう、面倒くさいったらありゃしない」

やっぱり、速読術の本を先に読んだ方がいいのかなぁ。これ、「泥縄」って言っていいんだろうか?あぁ、沈んでいく、、、

0

潔癖症度、判定機 💦

潔癖症判定機
 最近の病院やクリニックは、土足で上がる所が増えている。それでもまだまだ、入り口で、スリッパに履き替える所も多い。

そんなとき、プチ潔癖症の私は、困る。病院のスリッパを履いた後は、自宅に帰って、自分のスリッパを履く前に、靴下を脱がないと、気が済まない。

でも、はたと気付く。

  「外履きの靴の中に、靴下の汚れ、付いてるじゃん!」

これ、そういう所に行くときは、スリッパを履く前に、オーバー靴下をはくしかない。

私は、そこまでは要求しなくても済むので、プチ潔癖症。

0

誰かに見られている 💦   #見てはならざる者

そういえば
 本屋さんで、何かいい本が無いかなぁと探していたら、強い視線を感じた。そちらには、本箱しか無いはず、と思いながらも、視線を向けた。

  「心臓が止まるかと思ったわ

マジ、ビビった。見てはならざる者かと思った。視線の主は、向こう側の本箱に入れられた雑誌のようだった。人騒がせな、、、

0

生ぬるく生きている私には分かりにくい『地政学』に、挑戦   #マンガで地政学 #地政学

地政学本
 一つ前の話題を書いたあとに、凄い眠気が襲ってきて、何もすることが出来ずに、寝落ちしてしまった。そこから目覚めた今も、かなり眠い。

 さて、世の中の色々な軋轢(あつれき)がある。ナゼそこまでするのか、紛争はどうして起こるのかを知りたくて、「マンガでわかる地政学」を買った。

これは、マンガだけでは無く(むしろマンガは少ない)、文章や、イラスト化された地図や説明、を使って、分かりやすく書いてある。特に、各国から観た、周辺事情のイラスト地図が面白く、分かりやすそうだった。

この本は、1ページ目から読む事はせずに、目次を見て、知りたい地政学を、つまみ食いする様に、読んでいく予定。読むのが、楽しみ

このカテゴリーに該当する記事はありません。