「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

NHKラジオ講座を iPhoneSE で聴く研究、終了   #研究 #実験 #ネットラジオ録音

MacBookProをスリープさせない
 『ネットラジオ』を使って、NHKラジオ講座『ラジオ英会話』『英会話タイムトライアル』を、どこでも聞ける環境の研究の、再終章。

 ラジオの録音には、『ネットラジオハンター』というソフトを使った。このソフトは、思ったよりも、しっかり作られている。各録音予約ごとに、保存先のフォルダーを指定できる。これを、iCloud へのアップロードフォルダーにする。

MacBookPro では、ディスプレイを閉じてしまうとスリープ状態に落ち、録音できなくなってしまう。そこで、上の写真の様に、ディスプレイ部分を少し開けておく。これで、ホコリも付きにくくなる。

この状態のまま放置しておくと。バッテリーが夕方まで持たない。そこで、NHKラジオ講座の録音が終わったら、システムシステム環境設定のバッテリーの項目で、スケジュールのタブを選択し、スケジュールを設定する。
スリープ設定1
 上のキャプチャー画像の様に、スリープの開始時間を、ラジオの録音が終わった後の、なるべく近い時間にする。(上の例では、実験の都合で、14時に指定してみた)。

そうすることによって、MacBookProは、夕方までバッテリーが持つことが確認出来た。ACアダプタを繋いだままにすると、もっと楽に出来るんだけど、バッテリーが劣化しそうでイヤだし、事故が起きるのが怖いので、今回の方法にした。

これで、NHKラジオ講座を、うまく録音でき、同時に、iCloud クラウドにアップすることが出来た。

0

NHKラジオ講座を iPhoneSE で聴く研究1   #研究 #実験 #ネットラジオ録音

MacBookProをスリープさせない
 ネットラジオの録音ソフトはフリーソフトから市販ソフトまで色々ある。私の場合は、ジャストシステムで、ポイントを使って買った『ネットラジオハンター』を使っている。

フリーソフトも魅力的なんだけど、バグの洗い出しと FIX をしてある市販品の方が、手間が掛からなくていいので、あえて購入。定価は 4千円程度だと思った。Windows10と MAC OSに対応していて、ライセンスが3つ付いてる、お得なソフト。。

 私は、デスクトップ WinPC は、電源をつなぎっぱなしだと、発火するんじゃないかと思って、電源を抜いて出かける。そこで、MacBookProにネットラジオハンターを仕掛けようと、研究してみた。

MacBookPro へのインストールは、WinPC上でDVDの共有を使って、行なった。問題なく動いている。Windows10版とは、仕様が少し違う様だ。

MacBookPro の省電力設定でスリープのコントロールをしようとしたんだけど、スリープ解除するにはMacBookProにACアダプタを繋ぎっぱなしにしないと、動作しない仕様だった。それだと、バッテリーに負荷が掛かりすぎる。

色々考えて、写真の様に、ディスプレイ部分を完全に閉じずにしておくとスリープに入らないんじゃないかと思って、実験してみた。初回は失敗した。

昨日は、一回、蓋を閉じてから開けるようにしていた。それがいけないんじゃないかと思って、今夜は、^command+Q で画面をロックして、写真の様にディスプレイを閉じ気味にしてやってみる。

  「うまく、録音できて、iCloud にもアップできますように」

明日が楽しみだ。と、同時に、これで失敗したら、次は何を試そうかと思うと、夜も眠れなくなる

0

dマガジンと楽天マガジン    #雑誌読み放題 #dマガジン #楽天マガジン

雑誌のサブスク
 私は、本屋さんで、面白い見出しがあると、雑誌を買ってしまう。雑誌は、手に入れてしまうと、ほぼ、積ん読にしてしまう。一冊千円前後もするのに。

 最近、月額440円程度で、 500冊ほどの雑誌が読み放題となるサービスがあるのを知った。

  ① dマガジン
  ② 楽天マガジン

チラっと見たら、②の方が、若干、読める雑誌の数が多いように思えた。でも、①の『dマガジン』の方に決めた。ナゼかというと、

  「 ① はMAX100頁までをスクラップして置けるから」

(この機能の名前は、『クリッピング』という)

これは、雑誌の掲載期間を終えても、観ることが出来る。②は、ローカルにコピーを置いておけるんだけど、雑誌の掲載期間の1年経つと、読めなくなる。①と同様のサービスはない。

これが決め手となって、① にした。21日に申し込む予定。このサービスを使うと、1冊千円もする雑誌の購入費が、大幅に節約できると思っている

0

MscBookPro と BootCamp と Windows10 のライセンス認証  #Pararells #BootCamp

 また、MscBookPro が、おかしくなった。パッテリーがなくなったら、時計が初期値にリセットされた。リージョン(時間帯)もTOKYOでなくなってた。その状態で Windows10 を起動すると、認証エラーになってしまった。

  「なぜそうなるのか?」

それは、起動していたままにしていて、一度バッテリーがゼロになったときに、Windows10 の省電力設定が、オフになってしまったから。なので、MacBookPro を閉じても、電源が入ったままで、スリープに入らず、電池が完全になくなってしまうモードに入ってしまっていた。

回復方法は、次の通りに。

 ① MacOS上で、時間帯と時間を合わせる
 ② BootCamp で Windows10 を起動して時刻・地域を確認する
 ③ ライセンス認証にトライする
 ④ MacOS に戻り、pararells からMyBootCamp を起動
 ⑤ 地域設定し、時刻と日付を合わせる
 ⑥ Windows10のライセンス認証にトライする

運がよければ、これでうまくいく。

Windows10のライセンス認証がうまくいかないときは、地域と時間が正しい場合は、1~2日経ってから、再度トライすると、うまくいくことがある。

今現在トラブっている人へ。

  「頑張れ!」

だめだったら、コメください。

0

私の考える事は、いつも一緒 💦   #MACBOOKPRO #PC

 私のパソコン環境は、デスクトップPCと Intel版CPUの MacBookPro を使っている。元々はPC使いで、MacBookPro は、iOS 用のソフトを作ってみたいと思っているから。

今は、環境設定の最中。時々、こうしてブログ更新にも使っている。MacBookProは、リビングでテレビを見ながらでも使える様に、環境設定をしてIr。すなわち、

  「 Parallels Desktop で Windows10 を動かしてる」

インターフェースも使えるように、Boot camp に Windows10をインストールして、それをParallels Desktopからも起動して使っている。

その場合、Windows10のライセンスは、それぞれの起動環境ごとに必要になる。つまり、ライセンスは 2個必要。ワーニングが出るまで、Parallels Desktop の方は、ライセンスIDは入力していなかった。

今回、時間が出来たので、Parallels Desktop 側のライセンス認証をしたんだけど、バッテリーをカラにしてしまったら、時計がリセットされ、そのせいか、両方のライセンス認証が飛んでしまった。

しょうが無いので、Windows10のパッケージを探したら、パソコン部屋のクローゼット中探したんだけど、見つからない。一度諦めたんだけど、買い足すのもシャクなので、もう一度探した。

Parallels Desktop の赤いパッケージを目にしたときに、

  「もしや、、、」

と思って、中を見ると、USB版の Windows10 の小さいパッケージが出てきた。

  「今も、昔も、私のパターンは、一緒なんだ

Boot camp側のライセンス認証をしたら、Parallels Desktop 側の認証も、復活していた。

  「 MacBookPro、ついて行けない、、、」

まぁ、とりあえず、環境は出来たので、活用フェーズに入ろう。

  「次は、プログラミング環境の構築だ」

MacBookPro、ダイジョブかなぁ

0

ドツボ   #失敗 #MacBookPro #ブートキャンプ #pararells

 MacBookPro のBootCamp 上のWindows10がライセンスエラーを表示したので、ライセンスを買って、アクティベーションした。で、Windows UPdateをかけたら、pararellsのエラーで更新できなかった。

  「今、BootCamp上のWindows10を更新中」

これ、さっきやった認証、どうなるんだろう?

  「ライセンス消滅?」

私は、ついてないのか、馬鹿なのか。
 

該当の記事は見つかりませんでした。