「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

久々にはまってしまった、アートディンクの『A列車で行こう9』   #起動すらせず #DirectXのインストール

 勧誘メールかなにかで、アートディンクのゲーム「A列車で行こう9」の宣伝をしていた。

  「シミュレーションゲームもいいなぁ

と、思って、最新バージョンをゲット。

これをインストールするためには、前のバージョンがインストールされていなければならない。

そこで、前のバージョンをインストールしたら起動すらしなかった。色々調べて、Windows10の場合、DirectXのインストールが必要だと書いてあったので、インストール。

追加情報で、セキュリティソフトも影響するとかで、色々いじってしまった。それでも、起動しない。

しょうがないので、1回リセットを書けたら、

  「私の時間を、変えして

一応起動することは確認出来たので、あした、新しく買ったバージョンをインストールしてみよう。

もう、眠くてダメだ

0

松任谷由実の『リフレインが叫んでる』に溺れてる   #懐古 #ユーミン #想い出 #別離

 松任谷由実の「リフレインが叫んでる」と言う歌がある事は知っていたけど、これが別れに思いを寄せた歌だと気付いたのは、つい最近。

  「歌の歌詞が頭に入らないにも、程がある」

私は、楽曲は、どうも、歌詞とメロディー(&演奏)が一緒に聴けないらしい。そんな私は、音楽はメロディーと演奏が好きなので、何を歌っている歌なのかを意識したことが無かった。

それではいけないと思い、最近は、歌詞にも耳を傾けようとしている。そんな中の一曲が、松任谷由実の「リフレインが叫んでる」だった。この歌詞を耳にした時、

  「あぁ、思い当たりすぎる」

どうして、どうして、もっと前に聞かなかったのだろう。

男女の関係では、好きなはずなのに、つい、邪険にしてしまう時期がある。嫌いでは無いのに。理由が分からない。

  「身体が、次なるDNAを求め始めた」

そういう、自身のDNAを拡散するための、意識が介在しない、脳の活動なのかも知れない。

 あぁ、ユーミンの歌を、全部はムリかも知れないけど、せめて、ベスト盤の曲だけでも、聴き直そうかしら。てか、

  「ユーミンから松任谷由実へ」

みたいな、歌詞を解説した本とか、無いの?

0

Doja Cat の『 Say So 』のビデオクリップが手に入らない。そして、驚きのジャパニーズバージョン ✨    #JapaneseCover #Rainych #レイニッチ? #ラン?#ジャパニーズバージョン

>
 TVK の「ビルボードTOP40 」を録画して見ている。毎週。最近は、歌だけで無く、使えるダンス(何に?)のプロモーションビデオも探して、録画して、練習している。

今、踊ってみたいダンスは、Doja Cat の「 Say So」だ。でも、どれが Doja Cat か分からない。どのダンスを覚えればいいのか、分からない。
ダンスに困ったら YouTube だ。色々探しているうちに、日本語バージョンが気になってきた。そしたら、なんと可愛い歌声。この女子は、Rainych(レイニッチ)とか言う、インドネシアの娘らしい。もしかすると、ツイッターは、これ、カモ。

あと、「佐久間宣行 Rainych『SAY SO Japanese Version』を語る」の情報も、面白かった。てか、この曲のアレンジ、日本のシティポップじゃん

 さてと、どの振り付けを研究しようか。出来れば、ダイエットも兼ねたい

0

躁転して、ブルートゥース Bluetooth イヤホン『ZERO AUDIO TWZ-1000』を買った 💦   #ブルートゥースイヤフォン #TWZ-1000 #ワイヤレスイヤホン

 ここ数、躁転しているらしく、買物アドレナリンが出て、色々な物を爆買いしている。今回はワイヤレス・イヤフォン。

ワイヤードのイヤフォンは、それを装着したまま、掃除をしていたり、出かけるために着替えをしたりすると、イヤフォン・コードに手を引っ掛けてしまい、耳からイヤフォンが外れて、イライラした。破壊も、心配だった。

たまたま、何かの雑誌か、WEB情報か、ZERO AUDIO の TWZ-1000 というものが、安いのに音もいい、と書いてあった。

ZERO AUDIO は、ワイヤードの物を使ったことがあるんだけど、生音では何のへんてつもない、無表情なおとを出してしまう。ところが、イコライザーで低音と高音をブーストぎみにすると、

  「モリモリした、ダイナミックな音が出る」

私は、重低音に、控えめな高音を加えて、中低音がモリモリする音が好き。

時々、

  「イコライザーで音をいじるなんて、邪道だ」

と言う人がいるんだけど、設計・試作段階で、アンプ側やイヤフォンの音をいじっているわけで、それにイコライザーを追加したって、何の問題も無い。

ところが、私のウォークマンはブルートゥース出力をしてしまうと、イコライザーがスルーされてしまう物と思い込んでいた。そこで、ネットで調べるたら、こういう記事が見つかった:「Bluetooth接続中、イコライザーなどの音質設定が反映されない。(ウォークマン A/S/F/ZX/WMシリーズ)
① ウォークマンのホームメニューから、[各種設定各種設定]-[Bluetooth設定]-[サウンドエフェクト]を選択します。 ② ペアリング済みのBluetooth機器の一覧が表示されるので、設定を確認したいBluetooth機器を選択します。 ③ 「オン」を選択してください。
これで、見事に、イコライザーが効く様になって、最高の音が出る様になった。

数万円のソニー製品やボーズの物を買うより、よっぽどいい。(と言いつつ、それらを持っていたことはないんだけど)

あと、このブルートゥース・イヤフォンの弱点は、操作が難しいこと。左右に一個づつしかないボタンを、1回押し、高速2回押し、長押し、などすると、LEDが点灯したり、点滅したり、高速に点滅したりする。

  「そんなん、覚えられないって」

まぁ、ボタンが少ないのでしょうが無いんだろうけど、それにしても、ねぇ

最後は、耳に入れる部分のイヤーパットと本体にかぶせるカバーの大きさの調整。実は、これが1番、音質に影響する。まず、耳から取れにくくなる様に、本体カバーを取り替えて、試す。

本体ラバーの装着は、結構難しい。それに、耳に引っかかる様にと言っても、なかなか分からない。何度も何度も繰り返すしか無かった。

本当のところ、この時点で、あまりいい音とは言えなかった。ちょっとガッカリしながら、SMLとあるイヤーパットを最初に付いていたMから、Lサイズに取り替えてみると、いきなり音質が変わった。

  「モリモリと、躍動感のある音が出てきた」

正直言って、それまでは、失敗したかなぁ、と思っていたのが、一気にいい音に変わって、喜んでしまった。自分の顔が、ぱあっと明るくなっていくのを感じた。はぁ、失敗にならなくて、良かった。

そういえば、前のワイヤードの ZERO AUDIO のイヤフォンも、イコライザーの調整とイヤーパットの調整は、必須だったと思い出した。

 さてと、値段の話だけど、私が Amazon で買った時は、販売店は ECカレントで、12,838円で売っていた。さっきそのページを見たら、売り切れらしくこのリンクは中古品になってた。

  「ZERO AUDIO TWZ-1000 完全ワイヤレス イヤホン

私が買えたのは、ラッキーだったのだろうか?

0

今(2020/05/22)、YouTube で、JUJU のライブ『 Theater RED 』をやってる   #JUJU #YourStory #YouTube

 さっき、YouTube で、JUJUのベストアルバム「YOUR STORY (初回生産限定盤) (DVD付)」の発売を記念して、JUJU のライブ day1『 Theater RED 』をやってる。

これは、day1 から day4 まである。もしかしたら、今回発売された CDと同じ構成かも。たぶん、何日かしたら、削除されると思う。

コメントの所に、これがあると助かる、って書いてあるけど、

  「自分で、買えよ!」

購入して貰うためのプレイリストなのに 💢  え?私は、買ったけど、、、
 ② day2
 ③ day3
 ④ day4

0

JUJUのアルバム『YOUR STORY』の『STAYIN' ALIVE』の赤いドレスのおねぇさん達が、良すぎる   #JUJU #YourStory

 テレビの歌番組に、JUJU が良く出てくる様になった。その中の『STAYIN' ALIVE』という曲が、曲もいいんだけど、赤いドレスを着た踊り子のおねぇさん達が、たまらない。

なので、即、JUJU のベストアルバム「YOUR STORY (初回生産限定盤) (DVD付)」を買った。このおまけ DVD にも STAYIN' ALIVE が入っているんだけど、赤いおねぇさん達がよく見えない。

  「あの、振り付けを、覚えたいのです」

SONGS のバージョンがいい感じだったので、それを、ずっと見てる

そうそう、今回のベストアルバム、結構、聴いたことのある曲が多くてビックリ。最近、息が続かないJUJUだけど、CDの中では、キレイに歌ってる
 しかし、もっちーは、いつまで可愛いんだ?彼女の時間は止まってるのか?

該当の記事は見つかりませんでした。