「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

民子のような、ドクダミの花

ドクダミの生け垣
 ここの生け垣(と言っても、膝丈ぐらいの物)は、毎年、ドクダミの花に侵食される。

しかし、ドクダミさぁ、なにも、ここに生えなくてもいいんじゃね?

本来なら、ドクダミは、地面に直接咲いて、高さの方角には、伸びない記憶がある。それこそ、

  「ドクダミの花が、一面に広がっています」

と言う印象。

まぁ、こうやって、生け垣の間をひょろひょろ伸びるのも、自分の身を守って身体を伸ばせる、最高の場所なのかも知れない。

でも、今のこのままの状態で、生け垣が無くなったら、

  「自立していられないんじゃね?」

このドクダミの花は、寄生の進化点にいるのかも知れない。

0

スマホをシステム手帳代わりに ★

iPhoneの手帳術
 ガラケー、スマホ、PCを連携させて、スマホにシステム手帳+αな機能を持たせたいと思っている。

まだ、ちょっと、整理がなされていない。Yahoo!カレンダー、Eメール、アプリ、ブラウザ版。もう、何が何だか。

  「どこに問題があるのか」

それさえ把握できない。最悪だ。

しかも、会社内で、ケータイとかスマホをいじっていると、遊んでいるように見られる。これは、盲点だった。もっと前に、気付け、私

0

どうしても、秋だと思ってしまう、花 🌻

タンポポの綿毛2018
 なぜだか、いつも、コイツを見ると、秋だと思ってしまう。しかも、この小さい花火は、ピントが合わない。

何も付いてない茎が何本もあるけど、これもタンポポだったとすると、それだけ黄色い花があったわけで、なんでそれに気がつかなかったんだろう。

  「心に余裕が無くなってるのだろうか」

いや、多分、

  「タンポポなんて、写真に撮るまでもない」

そういう慢心なんだと思う。いかん、いかん。

 通勤電車は、いつも混んでいるんだけど、だからこそ、みんな気が立って、小競り合いが起きる。

わずか数秒を惜しんだがために、トラブルに巻き込まれてもバカらしい。そこは、こっちが一歩引いて、譲らねば。

気がついたら、ラジオ英語講座がゼンゼン聴けてない。なんとかせねば。あぁ、やばい、もう、寝ないと。対策は、明日、考えよう。

0

メガネ、メガネメガネ、目がねぇ 💦



👓


満員電車のドアのところにたっていた。駅に止まったときに、上り電車がホームに止まっていて、そちらのドアも同じ位置だった。

向こうも満員電車で、もみくちゃにされでドアに張り付いている、メガネのオヤジが気の毒だった。

視線をもう一枚のドアの窓に向けながら、そう思ったんだけど、なんか、違和感を感じた。

  「あれ、あのオヤジ、まゆ毛無かったなぁ」

そう思って、もう一度そのオヤジを見たら、まゆ毛どころか、目も無い、全て肌色だった。

  「えっ!?」

もっと真剣に見たら、そのオヤジのまゆ毛と目は、予想以上の下にあった。まゆ毛や目が無いと思っていた肌色は、おでこのところだった。

そう、そのはげ親父は、おでこにメガネをしていて、さらに下を見ていたんだった。

  「はぁ、ビックリした・・・」

週刊誌とか読んでて、老眼でメガネを外さないと見れなかったんだろうか。

それにしても、人騒がせすぎる。ビックリしすぎて、はげ頭に目がね、の写真を取り損なった。

  「今度見掛けたら、ゼッタイに撮してやる」

朝から心拍数を上げてしまった。また、起立性貧血を起こすところだった。くわばらくわばら。

0

卒業式ウイークなんだな、きっと ☆

卒業式
 電車に乗ったら、着物に袴をはいた女子が、数人いた。どれも、お母さんの付き添い付きだった。卒業式か。

てか、

  「着物と袴の姿、ゼンゼン萌えないんですけどぉ★」

でも、きっと、それで、あの娘達とお母さん達、前途洋々って感じなんだろうなぁ ('ェ') anniversary

0

おねぇさん、仕事は選ぼ ('ェ')NoWay★   #鼻うがい #ハナノアシャワータイプ #水を口から出す志村けんのおじいちゃん

ハナノア志村のじいさん
 電車に乗ったら、ドア横に、このステッカーが貼ってあって、人目も気にせず、写真を撮ってしまった。

  「この、鼻から出る物体は、本物ですか?CGですか?」

他にも、このおねぇさんの、感想とか、コメントが聞きたい

 今日、この記事がラストになるかも知れない。本当は、手帳の話題とかも書きたかったんだけど、デバッグがはまりそうなので、ここで、一回切っとく。

では、また。

該当の記事は見つかりませんでした。