「研究しましょう」 ブログ   --- 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探して、ネットをさまよう私の、ブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

ひさびの英語本『英文法は絵に描きやすいルールでできている』時の in のイメージ   #英語学習 #英文法

英文法は絵に描きやすい
 英語が得意ではないので、学習本を片っ端から買っていた。それが、大西泰斗先生の『ハートで感じる絵文法』シリーズが出てから、それらに集中するようになった。

  「イメージで、頭から理解する英語」

これが、私の中学時代に広まっていたら、大西先生の『ラジオ英会話』がその当時に放送されていたら、私の英語力は、だいぶ違った物になっていただろうと、悔しい気持ちでいっぱいになる。

それでも、唯一、大西泰斗先生の本でイメージが説明されていないのが、

  「未来表現における in のイメージ」

具体的には、

   Dinner will ready in 10 minutes.
   あと10分で、夕ご飯ができる。

のイメージ。

大西先生の本の中では、これに関するイメージが提示されていなくて、ずっとモヤモヤしていた。それが、納得出来るイメージで説明されているのが、『英文法は絵に描きやすいルールでできている』という本。

基本的に、大西泰斗先生や田中茂範先生の、英語をイメージで理解するシリーズの延長線上にある。各項目に関して、既に両氏が分かり易くイメージを表現しているので、この本では、それらを回避するように書かれている。

そのため、少し洗練されていないような感じは、否めない。それでも、ただ1つ、『時の表現の in 』は、両先生はハッキリしたイメージで説明されていないのが、この本にはそのイメージが書かれている。

  「目から鱗が落ちた」

というほどではないけれど、納得出来る、時表現の in のイメージになっている。(P396の図がそうなんだけど、写真を載せると、電子万引きになってしまうので、思いとどまった)

それに加えて、英文解釈の手順として、文の頭から、イメージを積み重ねていく手法が書かれている。これ、昔、同じ様な手法を説明した英語学習本があったんだけど、私の本箱から見つけられなかった。

 この本に興味を持った人は、書店で確認することを、お勧めする。この本は、先の両先生ほど、イメージイラストが洗練されていない。ただ、文章による説明は、独自の発送で説明しているところが見受けられて、それは、ためになった。

0

PHD2の、焦点距離の設定について 🌀🔭   #天体観測初心者 #電視観望初心者 #PHD2

 昨日の記事『【速報版】赤道儀化 AZ-GTi の、PHD2 によるオートガイドの設定方法 🔭✨』で、PHD2 のオートガイドの鏡筒の焦点距離の設定を、CMOSカメラの撮像素子のサイズを考慮に入れた物に変えて入れたらうまく行った。でも、

  「ピクセルサイズで考えてたら、関係ないんじゃないの?」

なんか、そんな気がする。

ということは、逆に、撮像素子上のズレから、赤道儀を動かすパルスを計算するところで、

  「バグってるんじゃ、ね?」

そうとしか考えられない 🔭

まぁ、あとで、もうチョット考えてみよう。

0

赤道儀化 AZ-GTi の、PHD2 によるオートガイディングに進展があったかも ③   #天体観測初心者 #電視観望初心者 #AZGTi

644MarsC成功かも
 赤道儀化 AZ-GTi の、PHD2 によるオートガイディングに進展があったかも。設定を変更したところ、PHD2 のオートガイディングが動き始めた。上の写真の半分以降の様に。まだワーニングがある。

赤緯方向(DEC)のガイディングが、壊滅的だった。まだ、詳細な実験はできてないので、ハッキリしたことは分からない。取りあえず、やったことは、

  ① 135mm鏡筒の焦点距離を 135*4.77=644mm に設定(1/2.8インチCMOS)
  ② 赤緯のアルゴリズムを『ローパス2』 にした
  ③ バックラッシュの Amount と 最大 を仮に 100とした

①は、1/2.8インチの CMOSカメラを 35mm換算にしてみたかった。② の様に、赤緯のアルゴリズムを『ローパス2』 にした。デフォルトでは、うまく行かなかったから。③をやると、動作させた後に、Amount の値は97に下がった。

まだ、アラームは出ている物の、とりあえず、オートガイドは動いていた。次に晴れた夜に、追加実験・調整をやる予定。
PHD2アルゴリズム設定1

0

赤道儀化 AZ-GTi の、PHD2 オートガイディングがうまく行かない件の原因調査 ②   #天体観測初心者 #電視観望初心者 #AZGTi

ローパスヒスあり調整1
 未だに、AZ-GTi のPHD2によるオートガイドが、うまく行かない。上の写真が、オートガイディング時の PHD2の画面。

色々調べて、この記事『PHD2でガイドをちょっとまじめに』をみつけた。PHD2の詳しい知識がないわたしには、ちんぷんかんぷん。

PHD2 v2.6.5 の マニュアルの訳文』でも読んで、勉強しないと駄目なんだろうか。解説書みたいなのが、あればいいのに。

 このあと、色々調べて気になったのが、焦点距離。ガイドカメラの撮像素子のサイズで、ガイド鏡の焦点距離を35mm換算して、補正していた。

その考え方で行くと、私の 135mm ガイド鏡の35mm換算焦点距離は 868 644mmとすべきなのかも。電視観望初心者の私にとって、こういうのが、謎

すぐにでも試したいのだけど、今夜も曇っているので、実験出来ない。

あ、これ、プレートソルビングの時の鏡筒の焦点距離にも関係あるのだろうか?それも、35mm換算しないといけないんだろうか?

  「天体観測、謎すぎる」


 

0

赤道儀化 AZ-GTi の、PHD2 オートガイディングがうまく行かない原因調査 ①   #天体観測初心者 #電視観望初心者 #AZGTi

 天体観測初心者の私、色々な星団とかは見れるんだけど、星雲の写真がうまく撮れない。カメラのアナログゲインを下げて露出時間を延ばしたいんだけど、赤道儀化AZ-GTi のオートガイディングがうまく行かない。

ネットで色々調べた。うまく行ったというサイトや YouTube を見ても、詳しい情報が提示されていない。私の電視観望の環境を改善する情報が得られない。

私には、PHD2とオートガイディングに関する知識が全く無いので、自力で解決することはできない。しょうがないので、地道に情報を集めることにした。

昨日の実験では、赤経(?)の制御はうまく行っている。問題は、赤緯(?)の方だ。一度ずれたら、どんどんそのズレが加速して、ターゲットの星を見失ってしまう感じ。

以前は、もう少しましに動いていた気がした。その時は、『Algorithm』の赤緯の方を[レジストスイッチ]から[ヒステリシス]に変えていた。元ネタが、『これ』。

そこには、その設定は経緯台だけで、赤道儀は設定しなくてもイイと書いてあった。それを、逆に、赤道儀化 AZ-GTi に適用してみたもの。

次に晴れたら、これを実験してみる。いつになるか分からないけど 🔭
 

0

NHK ラジオ英会話の勉強の仕方 📖📻   #ラジオ英会話 #NHK語学学習テキスト #大西泰斗先生

ラジオ英会話グッズ
 先月末から、HKラジオ英会話を聞きそびれている。その代わり、先週、先々週分は、放送音声をウォークマンに入れて、ウォーキング時に聞いている。

ただ、歩いていると、時々、ふっと、別なことを考えてしまって、そうなると、その部分の音声が聞き取れず、吹っ飛んでしまう。やっぱり、テキストを見ながら聴いた方が、集中しやすい。

一番いいのは、ちゃんと、毎日、テキストを見ながら放送を聴いて、その音声をウォーキング時にも聞くこと。1ウォーキング1時間掛かるので、放送4日分は聴けることになる。来週は、これを頑張ってみたい。
 

該当の記事は見つかりませんでした。