「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

今、ベターなスマートウォッチの紹介✨   #スマートウォッチを求めて#スマートブレスレット #ガジェット

 今、最も、最高に近いスマートウォッチ(スマートブレスレット)は、

  「 QIMIF の P29 だ

(「P29」はブルートゥース名 BTN と呼ばれている物。現状は、機種毎に名前が違っている)

このスマートウォッチは、高機能。いち早く新型コロナウイルスに対応してきた。体温、血中酸素量、血圧、心拍数、睡眠時間と質、歩数、が測れる。

その他、天気予報、メッセージ通知を表示とバイブで教える。電話、ショート・メール、LINE、Twitter、Gmail、インスタ、フェイスブック、等の他にもある。さらに、Other apps を選択すると、全ての通知を表示しに行く。

 機能的には素晴らしいのだけれど、いくつかの問題がある。大きいのは、ガッカリしたのは、睡眠解析の精度。

W12睡眠3
これが、BTN W12 の睡眠解析結果のグラフ。起床時間は朝の6時過ぎ。

ところが、P29 を同時に付けて、睡眠解析をした結果が、これ。
P29睡眠6
分かりにくいけど、起床時間が7時19分になっている。右端から、3番目ぐらいに、「目が覚める」時間帯が1値時間近くもあるのに、そこを睡眠終了にしていない。

ただ、睡眠時間は 5.2時間としているので、グラフの最後の方の幅広い「目が覚める」領域で睡眠を終了としている事がうかがえる。そう考えると、睡眠解析が悪いと言うよりも、グラフを間違っているのかも知れない。

いずれにせよ、W12 の睡眠時間との差は、存在する。(わたし的には、「W12」の睡眠解析の方を、信用している)

 もう一つの不具合は、アプリからの通知の表示。最初、Gmail の通知を受け取ったら、1通目は正常に表示されるのに、そこに、2通目の Gmail メッセージが入ると、時計本体が勝手に、リブートされてしまう。

色々やってみた感じでは、アプリが、Gmail のメッセージをきちんと処理できなくて、メモリ・オーバーフローを起こしてしまった感じ。

LINE など、他のアプリでは問題が無いので、Gmail の通知の設定を色々変えて、やっと、リブートされることなく、メッセージを受信できた。えっと、実際にどうやったのかは、

  「すいません、覚えてないです

まぁ、結果オーライと言うことで、もし、Gmail の問題がある人は、色々いじれば動くということが分かった、という事なので、それぞれで、頑張って見て下さい。

あと、他の LINE とかのメッセージが、必ず、同じ物が2通、受信メッセージとして表示されてしまう。これは、今後の課題。

PS. この通知メッセージを見る部分が、凄く分かりにくい。基本、上にスワイプすると、次の通知が読める。最後まで行くと、メッセージを全て消しますか、というダイアログが出てくる。

途中で、通知メッセージ表示モードから抜けたい場合は、右にスワイプすると、抜けることが出来る。

 TIPs だけど、「P29」の画面が消えている時は、手首を左右にグリグリっとひねると、表示画面が出てくる。どこにも書いてないので、これを発見するのに、時間が掛かった。

 さてと、ごちゃごちゃ書いたけど、P29の研究はここまで。次点の「 W12 」は、いいスマートウォッチなんだけど、少し前の機種なので、体温と血中酸素濃度の測定に対応していない。

あと、表示メッセージが、本体に、3通までしか保存できない。しかも、同じのが2通、表示されてしまうのは、「P29」と同じ。

 私は、Amazon で購入したんだけど、今現在、出店が無くなっている。楽天は、販売中なので、そのリンクを掲載。


0

ありきたりの勉強が役に立つと、今さらながら気付いた ☆   #勉強法 #自己啓発 #知的生産の技術 #まず始める

ショートカット勉強法
 ずっと、勉強が進まない状況が続いている。全くやっていないわけでは無く、外出時や入浴時に、英単語の日英順の音声は聞けている。

リビングにいるときも、すぐ手が届くような位置に、勉強したい本を積んどくしてある。ところが、その状態から勉強を始めようとしても、長続きしない。

自家焙煎の珈琲屋さんで、珈琲の仕上がりを待っている間、上の本を読んでいた。厚くない本。

個人の潜在能力が違うので、細かく書かれても、自分が効果的に実行できるとは思っていないので、厚い本はパスしている。目的は、本を読むことでは無く、勉強ができる様になりたいだけだから。

この本に、「始められない勉強を、始める方法」が書いてあった。無意識のうちに勉強が始まるという、理想的な物。それは、

  「決まった時間に決まった場所で始めること」

たとえとして、朝の7時に駅前のカフェで勉強する、等という物。よく言われる、

  「ラグビーの五郎丸や、相撲力士の時間一杯時のポーズ」

の様な感じ。

これ自体は、ルーティンは知っていたんだけど、自分が実施していないことに、この本 「1カ月で次々資格を取得! 東大院生が実践した超ショートカット勉強法(Amazon)」 は気付かせてくれた、思い出させてくれた。

 具体的にどうしたかというと、リビングには、やりたいことの本を積んどくしておく、時間が来たり、やりたくなったりしたら、必要な本を持って、パソコン部屋へ行く。これだけ。

散歩している犬が、決まったところで 💩 をするのと同じ理屈だと思う。これを、

  「犬の 💩 大作戦」

と名付けた。

これが、いわゆる、

  「やり始めれば、やる気が出てくる」

と言う、別な本で読んだことを思い出し、しみじみと、そう思った。

 実際やってみると、ずっと途中で止まっていた「TOEIC 試験対策本」の Part5 のところから、解き方を勉強して、今、その後に続く練習問題をやっている。

そうしたら、不思議なことに、リビングに積ん読していた状態でも、手に取って CMや面白くないテレビ番組のところで、勉強をするようになった。

そして、次の目標は、

  「上の写真の本を、読み切ること!」

まだ、読みたい本は、いっぱいあるので

0

クレジットカード、スマホ決済、電子マネー、ポイントカードの、詳しい本 ✨   #ポイント研究 #カード研究

カードスマホ決済
 お得なカードやポイントカードについて研究したいなら、「キャッシュレス時代のクレジットカード&スマホ決済&電子マネー&ポイント攻略完全ガイド (マイナビムック)」が、かなり詳しくて、参考になる。プリペイドクレジットカードの Kyash の情報もある。

  「これを買って、研究して、ラッキーしよう!」

私は、今、nanaco に夢中

0

今年の手帳も、『ほぼ日手帳 AVEC 』と『高橋手帳821』の組み合わせを使っている ☆  #手帳 #システム手帳 #ほぼ日手帳 #高橋手帳821

ほぼ日手帳と高橋手帳
 今年も、「ほぼ日手帳 AVEC 」と「高橋手帳(去年まではバーティカルの823、今年は週間レフト式の411)」を組み合わせて使っている。

(上の写真で、一番下の冊子が「ほぼ日手帳 AVEC」で、その上が「高橋手帳」、さらにその上には薄いノートや住所録が重なっている)

スケジュール管理は「高橋手帳」で行う。ほぼ日のマンスリーは使わない。AVEC は1月と7月に切り替わってしまう。それに、スケジュールだけなら、相手に違和感を与えない「高橋手帳」の方がいい。
高橋手帳1月・4月始まり
スケジュール管理の「高橋手帳」で迷っているのは、1月始まり(411)か、4月始まり(821)か。AVECが1月始まりなので、そこに「高橋手帳」の交換が重なると、面倒になる気がして。

最近、4月始まりの「高橋手帳(821)」が売り出されたので、買ったみた。4月にどうやって切り替えるかの実験をするため。

頭の中で考えただけだと、リアリティが無いので、間違った判断をしそうだったから。やっぱり、実際にやってみないと、細かいところが分からないと思う。
高橋手帳821月間
これが「高橋手帳(821)」の月間スケジュール。
高橋手帳821週間レフト式
これが「高橋手帳(821)」週間の部分。右側の罫ページで、1日ごとに、4行ごとに、線が太くなっているのがジャマ。

たったの4行で毎日事足りるとは思わない。書くことが多い日もあれば、少ない日だってある。
ポストイットでメモする
打ち合わせの相手との距離が近いところで手帳に書き込みをすると、相手に見られてしまう。そういう時は、

  「ポストイットに、小さい字で書く」

それを、「高橋手帳」に貼る。マンスリーに貼ってもいいし、ウイークリーでもいい。

  「手帳は、自分が使いやすいように使う、のが基本」

たとえ、手帳が書き方の作法を強要しても、自分が違う使い方をしたかったら、

  「柔軟に、適当に、気の向くまま、思うがままに」

それが、手帳の、唯一の決まりだと、私は思っている。

 さて、次は、「高橋手帳821」への切り替えの方法を考えないといけない。

切り替え時に、2冊は持って歩きたくない。(参考になるはずだったの、今年のお正月の切り替え方を、完璧に忘れてる

  「工夫しないと、工夫しないと」


0

雑誌の断捨離(整理)のための切り抜き ★   #知的生産の技術 #本の整理

雑誌の切り抜き
 収納スペースには限りがあるので、買った雑誌を、そのままの形で、ずっと置いておくことはできない。

それで、良くやるのが、

  「役に立ちそうなページの切り抜き」

そうすれば、残りを捨てられるんだけど、その、切り抜かれたページは、二度と見られることは、ない。今回の整理で、そう気付いた。

では、どうするのか。クリアファイルに入れて、関係する本のある本棚のボックスに、目立つ様に、横にして入れる。本の列から、飛び出した形になる。

  「そうすれば、違和感があるので、いずれは観るでしょう」

でも、問題は、クリアファイル。そんなにいっぱい買うのか。百均でも10枚で108円になる。

特定のジャンルで切り抜きが多くなりそうだったら、冊子の形になっている物があるので、それに入れて行く。

今回は、そんな事をやって、作業に終わりを作った。そうでもしないと、永遠に整理作業が続くので。

 さて、今残っているのは、雑誌群(本の形の物は、もう、すでに、本箱に収納できている)。どんな物かというと、

  ・貯金、運用
  ・保険、積立貯金、確定拠出年金
  ・日経リナックス
  ・日経ソフトウェア
  ・MACファン

情報の古いもののなかで、取っておきたい物は、ムック化、書籍化、されていないか調べる。

はてさて、雑誌の山は、後どれぐらいで無くなるのだろう。途中で、新年を迎えてしまいそうだ

該当の記事は見つかりませんでした。