「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

来年の『手帳の構想』を変えるカモ。ほぼ日手帳と高橋手帳の融合 ✨   #手帳 #ほぼ日手帳 #高橋手帳 #高橋書店

高橋手帳のサイズ比較
 現在の手帳は、月間インデックスの所に月間スケジュールが合って使いやすい、高橋手帳の「 No.821 ニューダイアリーカジュアル1」を使っていた。それと、「ほぼ日手帳の AVEC 」の半月分だけを手帳カバーに入れていた。

 それが、書店に入荷していた「2020年版1月始まり No.211 リシェル(R) 1」を見て、来年は、鬼が笑っても、これを使おうと思った。

上のピンぼけ写真の、左側が今年の手帳で、右側が、A6 サイズと横幅が少しだけ広いものに変えた物。きっとメモ領域も確保されている、と思ったから。

これ、「能率手帳」に月間インデックスを付けた様な物だもの、使いやすいに決まってる。ページを切り込んだマンスリー・インデックの部分は、指を引っ掛けて手帳を開けば、月間スケジュールが出るのが、凄く便利。これを、公私のスケジュール管理用に使う予定。

( 2019年9月の「JRE プレミアムフライデーキャンペーン」の5千円分の買物の中に含ませる予定。キャンペーンに必要なお金を、無駄な物を買うという愚行をしたくないから)

 さてと、「ほぼ日手帳」の方だけど、今現在、ほぼ日は、ノート用にしか使って無い。「高橋手帳」の方が、スケジュール管理がしやすいから。そこから、実作業の記録に使おうと思っている。

ほぼ日手帳では、日付の無い方眼ノートが便利そうな「day-free(デイフリー)」を使う予定。従来手帳の半分の厚さなので、「高橋手帳」の物とを「ほぼ日のケース」に差し込んで使う予定。

あぁ、早くプレミアムフライデーが来ないかなぁ

該当の記事は見つかりませんでした。