趣味探しブログ「研究しましょう」 --- 日記 マガジン

    やりたい趣味を探してネットをさまよう私の、ブログです --- I'm here. Find me out.
0

読書制限 📖  #漫画 #サブリマリン707 #火の鳥 #シャーロック・ホームズ

漫画・小説の閲覧制限
 昨日から、私の父親が読んでいた小沢さとるの漫画『サブマリン707』を引っ張り出して、読みはじめてる。潜水艦のバトル物。潜水艦の構造図面とか、秘密基地の見取り図とかが書いてあって、ワクワクしたのを覚えてる。

同じ作者の『青の6号』は、OVA化もされたらしい。こちらは、Kindle Unlimited で読もうと思っている。

漫画は、他には手塚治虫の『火の鳥』とか、推理小説のコナンドイルの『シャーロックホームズの冒険』も並行して読もうとしている。

ただ、これらを読み始めるとかなりの時間が取られるので、制限を設ける。それは、

  「1週間に、最多、1冊づつ」

他にもやりたいことがいっぱいあるので 📖💦

0

『スピン・4号』を買った 📖✨  #読書 #趣味 #スピン #小説 #FC2ブログ

スピン4発売
 水曜日は、近所の本屋さんがポイント3倍の日。面白そうな本や雑誌は無いかなと思いながら店内を回っていた。そしたら、(たぶん)文学雑誌『スピン』の 4号があった。

『スピン』という雑誌は、短編、ショートショート、エッセイ、詩集等々と、色々な文学が掲載されている雑誌。国語のからっきし駄目な私は、こういう雑誌に憧れてしまう。

色々な分野の本棚を物色しながら歩いていると、どんどん、お買い物アドレナリンが出て来て、結果、何冊もの本を買ってしまった。

まぁ、家族の新型コロナウイルス対応を頑張って、疲れて、ストレスマックスだったし、今回は、いいかなぁと思って💦

0

小説に再挑戦。まずは、短編集から、、、   #国語が不得意 #

10分短編NOVEL《小説》
 私は、小学生の頃から国語が苦手だった、読解力が無かった。ただ、国語力は無くても、SF小説だけは好きだった。図書室にあるSF全集をコンプリートした。

後で知ったんだけど、図書室の SF全集は原作そのままではなく、小学生用に書き変えた物だったらしい。なるほど、読解力が無くても読めたわけだ。

そんな感じなので、逆に、文学には憧れがある。でも、やっぱり、長編小説は読めないので、短編小説を選んで、読み始めた。星新一のショートショートとか、村上春樹の短編小説集とか。

最近読んだのが、上の写真の2冊。左は色々な作家の短編を集めた物。右の本は、文豪達の暴露本。これを読むと、

  「文豪って、なんて、エロじじいなんだ 💢]

そして、文学って、

  「単なるエロ本じゃん!」

まぁ、絵画の世界も、宗教画とか、裸婦像とか、みんなで見る春画みたいな物だものね。
 

0

常連さん❤️   #恋愛小説 #小説

 今日も、宝くじ売り場に行ったら、アニメ声が可愛い、おねぇさんが、

  「機械の入力方法、変わったのよぉ」

と、悪戦苦闘していた。そして、

  「常連さんの時だけ、使い方の勉強、させて貰ってるの ✨」

そうのたまって、新しい機械との悪戦苦闘を、再開した。

  「(てか、私って、常連なんだ ) 」

と、一瞬、喜んだんだけど、冷静に考えると、それ、

  「スナックのおねぇさんの、常套手段じゃん 」 私的が、覚えやすい風貌をしているだけ、だと思うんだけど、、、

0

常連さん❤️   #恋愛小説 #小説

 今日も、宝くじ売り場に行ったら、アニメ声が可愛い、おねぇさんが、

  「機械の入力方法、変わったのよぉ」

と、悪戦苦闘していた。そして、

  「常連さんの時だけ、使い方の勉強、させて貰ってるの ✨」

そうのたまって、新しい機械との悪戦苦闘を、再開した。

  「(てか、私って、常連なんだ ) 」

と、一瞬、喜んだんだけど、冷静に考えると、それ、

  「スナックのおねぇさんの、常套手段じゃん 」 私的が、覚えやすい風貌をしているだけ、だと思うんだけど、、、

0

宮沢賢治を青空文庫で読む 📖✨   #読書 #宮沢賢治 #文庫本集め

村田沙耶香の本の本
 大さまのブランチで紹介されていた、村田沙耶香の読書感想の本。その中に、宮沢賢治の『土神ときつね』という本を紹介していた。読書感想文なのに、宮沢賢治が怖いとか、意味が分からなかった。

Amazon でそれを買おうかと探していたら、古い本だったので、なかなか見つけられなかった。Amazonで図分古い本だなぁと思って、そしたら、

  「青空文庫にあるんじゃね?」

探してみたら、ビンゴ。これでいいかなぁと、読み始めた ✨

私は、小学生のころから国語が苦手で、繰り返し、本を読んでも、全く頭に入ってこなかった。もちろん、国語の成績も最悪。

それでも本に興味があるので、機会があれば、未だに、買って帰って、すぐに積ん読して、安心している。

該当の記事は見つかりませんでした。