「研究しましょう」 ブログ 日記 マガジン 小耳情報

    やりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

最近のデジタルカメラマガジンが面白い - #デジタルカメラマガジン #家で撮る写真

デジマガ5月号
 最近のデジタルカメラマガジンには、撮影方法特集、みたいなのがあって、自分が撮ったことも無い被写体が出て来て、面白い。

今月号は、これ、特集記事「家で撮る写真」だ。
デジマガ5月号写真種類
被写体として、料理、模型、家猫、彼女、等々。自分一人では、ゼッタイに撮さない様な物が紹介されてて、面白い。参考になる。

 話しは変わって、今日は、色々なことが出来た。ウォーキングも出来たんだけど、インプラントの修理が終了して、お菓子の量が、半端なくなった。脂肪は、お腹だけで無く、

  「太ももとか、ふくらはぎが、パンパンになってた」

こんな自分の状態を見るのは、始めてかも知れない。

食べるのを減らして、運動の負荷を上げないと、見た目も、体重も、最悪のままになってしまう。頑張らねば。

 珈琲の淹れ方の研究も、継続している。豆の珈琲14gを、目盛り7の粗挽きで、お湯の温度は88℃にする。蒸らした後に、再度88℃をキープ。

それにしても、目盛り8の深入り珈琲は、強烈だった。最初は、300gもどうしよう、捨ててしまおうか、とまで考えた。家にある珈琲の本を総動員して、今回の数値で飲める様になった。

でも、次回の焙煎度は、7までにしておこう。なんか、焦げた感じで、風味が少ないので。

  「これ書いてたら、珈琲もう一杯、飲みたくなってきた」

また睡眠時間が短くなりそう

 あ、そうだそうだ、そうだった。新しい iPhone SE を買うかも知れないんだった。今、自宅で使っている、Suica インターネットサービスが終わってしまうから。

駅の券売機で Suica チャージするのはいやなので、自宅でチャージできる環境を維持したい。そのために、おサイフケータイ対応品を。

新 iPhone SE は、おサイフケータイに対応しているらしい。で、今、Android に入れているナノシムも使えそうだ。それを SE に入れて、ファーウェイスマホは、テザリングでつなげばいいかなぁって。

音声通話は、ガラホを継続するつもり。やっぱ、基本料金分の無料通話は、美味しい。あ、珈琲を淹れないと

0

初めてタリーズのモカジャバを買ってみた ☕  #珈琲好き #珈琲の種類クエスト

タリーズのモカジャバ
 毎週、1週間分の珈琲を買うんだけど、微妙に足りなくなる。今までは、ドトールのモカを追加で買ってたんだけど、今日は、タリーズ珈琲のモカジャバにしてみた。ブレンド。

淹れたてで熱いときは、苦みが強過ぎた。でも、温度が下がってくると、それに比例して、苦みが引いていく。

ドトールの「モカ」は、気持ちが悪くなるほど香りが強いけど、タリーズの方は、苦みと反対に、冷めてくると、だんだん香りが適度に出てくる。

ダメだ、もうちょっとモカジャバを研究してみないと、うまく表現できない

0

たまにはいいじゃん ☆  #昔懐かしい #ドクターペッパー

DrPepper懐古
 おかぁさんの好きな「ライチ・ソルト」が無いか探していたら、DrPepper が売られてたので、買ってきた。

冷やしてから一口飲んでみると、

  「咳止めのシロップに似てるかも」

なんか、かしい味。

これを飲む前は、もっと薬臭くて、甘くて、歯が溶けそうな感じを想像していたんだけど、うがいしたくなるほどの違和感さえなかった。

たまにはこういうのもいいね 👍

0

お湯の温度設定ができる珈琲用のケトルが欲しい ✨   #珈琲 #ケトル

 コーヒーミルを買ってから、珈琲の淹れ方を追求しているんだけど、最近、お湯の温度や、ケトルの注ぎ口は細くないといけないなど、気になりだしてきた。

それを一気に解決できる、「ハリオ V60 温度調整付き パワーケトル ヴォーノ EVKT-80HSV 」が、無性に欲しくなっている


0

自宅で、おいしい珈琲をいれたい人のための本 ☕📖   #珈琲 #抽出方法 #色々ないれかた

新版・おいしい珈琲を自宅で淹れる本
 先日、パカ高のコーヒーミルを買ってから、コーヒーの入れ方を研究している。その時のバイブルとなったのが、この本だ。

  「新版 おいしい珈琲を自宅で淹れる本

珈琲の本は色々買ったけど、この本は、その本たちのエッセンスをまとめた感じの物だった。まぁ、中には、「アレンジ珈琲&スイーツレシピ」、なんていう、不要なページがあったり、「おいしい豆を入手する」等という、不十分な情報のページもあるけど。

ただ、

  「フレーバーを引き立たせる」

この方法は、他のどの本にも書いていなかった。

 ただ、この本に書いてある事を把握するには、他の本で読んだ情報がベースになっているのかも、と、少し思った。

私、色々な珈琲の本を買ったし、ネットには、いろんな意見があって、正解が見付けられなかったんだ(今でも、見付けられてないけど)。

珈琲やのおねぇさんにも、色々聞いたし、

  「珈琲は、ダンジョンにはまると、半端ないっす」

そうそう、あと、何回も条件を変えて珈琲を淹れて飲むので、胃がやられてしまう

0

美味しい #珈琲の入れ方 を、研究しています ☕

 コーヒーミルを買ってから、珈琲をいれるのに、四苦八苦している。最初は焙煎の深さを調整していた。

ある日、豆を買っている珈琲屋さんで、ドリップ珈琲を頼んで飲んでみた。それが美味しかったので、同じ豆を買ってみた。所が、

  「同じ味が出せない

珈琲の量、お湯の温度、蒸らしの時間、と、色々試してみた。でも、どうやっても、お店で飲んだ珈琲よりも、刺激的な味になってしまう。

美味しく珈琲をいれるための本を見ていて、気付いた。

  「ドリッパーに入れる、お湯の量、少なすぎるかも」

だから、濃い珈琲がはいっていたんじゃないかと。

実際に、一気に入れるお湯の量を変えてみた。そうしたら、珈琲ドリパーの半分の位置が、飲みやすい濃さに入った。そして、蒸らしの時に出来た珈琲ドームを崩さない様に注意しながら、お湯をサーバーの半分まで入れた。

次は、そのお湯の量が半分になったら、また、お湯をつぎ足した。入ったばかりの珈琲を飲んでみる。

  「美味しいかも

そして、最後に、お湯の温度を、研究しましょう。

温度計はあるのだけど、毎回それを使うと珈琲をいれるのが、つらくなる。そこで、あるルーティーンをして、お湯の温度を間接的に調節した。

それは、こんな感じ。

  ① お湯を沸かして、ぐらぐら言い始めたら、止める
  ② お湯を、ケトル内で、2回まわす。
  ③ 蒸らし工程
  ④ 泡のドームを崩さない様に、ドリッパーの半分までお湯を入れる
  ⑤ お湯が半分ぐらいになったら、お湯を足す
  ⑥ お湯が八目分ぐらいになったら、お湯を足す

結構美味しくいれられたので、それが安定する様に、条件を調査する予定。

該当の記事は見つかりませんでした。