「研究しましょう」ブログ マガジン or 日記

    自分がやりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

正しく、賢い、デジタルカメラの使い方

 デジタルカメラは、仕事でも使われている。銀行は、印象の確認に、デジタルカメラと画像認証を使って、登録された印象と比較している。結構前から使われている。

 最近知ったのが、郵便局の書留の住所の記録。昔は、窓口の人が手書きで記録していたのが、差出人の住所氏名、受取人の住所氏名をデジタルカメラで撮影している。その写真で、郵便物の受領証が作られる。

キモは、

  「撮影画像に OCR を掛けないこと」

写真データとして、おそらく、そのままデータを保存する。

もしかすると、OCRを掛けて、未検証のテキストデータも、検索用に保存されているかも知れない。でも、画像だけで、類似画像を検索することも可能だ。

で、実際に、住所氏名データを使うときは、きっと、

  「郵便局の人が、目で見て、キーボードから文字を入力する」

これ、必要なときだけやるので、窓口業務に負担は掛からない。

それにしても、住所氏名の写真、うまく映っている。取り直しも無かった。だいぶ、検証したんだろうなぁと思った。

PS. ここに撮影写真で作られた、受領書を貼り付けようとしたんだけど、個人情報を消して貼り付けようと思ったけど、個人情報だらけだったので、止めた。

該当の記事は見つかりませんでした。