「研究しましょう」ブログ マガジン or 日記

    自分がやりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

美味しい #珈琲の入れ方 を、研究しています ☕

 コーヒーミルを買ってから、珈琲をいれるのに、四苦八苦している。最初は焙煎の深さを調整していた。

ある日、豆を買っている珈琲屋さんで、ドリップ珈琲を頼んで飲んでみた。それが美味しかったので、同じ豆を買ってみた。所が、

  「同じ味が出せない

珈琲の量、お湯の温度、蒸らしの時間、と、色々試してみた。でも、どうやっても、お店で飲んだ珈琲よりも、刺激的な味になってしまう。

美味しく珈琲をいれるための本を見ていて、気付いた。

  「ドリッパーに入れる、お湯の量、少なすぎるかも」

だから、濃い珈琲がはいっていたんじゃないかと。

実際に、一気に入れるお湯の量を変えてみた。そうしたら、珈琲ドリパーの半分の位置が、飲みやすい濃さに入った。そして、蒸らしの時に出来た珈琲ドームを崩さない様に注意しながら、お湯をサーバーの半分まで入れた。

次は、そのお湯の量が半分になったら、また、お湯をつぎ足した。入ったばかりの珈琲を飲んでみる。

  「美味しいかも

そして、最後に、お湯の温度を、研究しましょう。

温度計はあるのだけど、毎回それを使うと珈琲をいれるのが、つらくなる。そこで、あるルーティーンをして、お湯の温度を間接的に調節した。

それは、こんな感じ。

  ① お湯を沸かして、ぐらぐら言い始めたら、止める
  ② お湯を、ケトル内で、2回まわす。
  ③ 蒸らし工程
  ④ 泡のドームを崩さない様に、ドリッパーの半分までお湯を入れる
  ⑤ お湯が半分ぐらいになったら、お湯を足す
  ⑥ お湯が八目分ぐらいになったら、お湯を足す

結構美味しくいれられたので、それが安定する様に、条件を調査する予定。

該当の記事は見つかりませんでした。