「研究しましょう」ブログ マガジン or 日記

    自分がやりたいことを探してネットをさまよう、そんな私のブログです --- I'm here. Find me out. 我在这里 查找和
0

日本は、0から1を作れてない気がする

 日本の企業は、大きな機械でできた物を電子化したり、小型化したり、部品を少なくしたりして、コストを下げ、製品を安く提供して来た。

たとえば、ラジオ、テレビ、デジカメ、ケイタイ、電卓、などなど(意外に思いつかない)。

つまり、日本製品のほとんどは、

  「マイナスの製造文化」

とにかく、機能を落としてもいいから、原価を安くしろの一点張り。

ところが、諸外国は、小さい製品にネット I/Fを付けたり、カメラを2眼にしたり、OSも高機能な物にしたり、CPU を速くしたり、GPUを付けたり、指紋認証や色々な物を足して、機能を上げ、顧客の購買欲を刺激してきた。

つまり、諸外国は、

  「足し算の製造文化」

新しく魅力的な製品が、ドンドンが生まれる。コストダウンによって、製品の魅力が無くなる道を選ばない。

  「日本が勝てる、わけがない」

しかも、最近の日本、製品は同じままで、売値をつり上げてきている。

それじゃぁ、余計な電化製品は買わないし、そこでお金を巻き上げられて、他の物を買うお金が足りなくなる。個人消費がのびなくなるわけだわ。

このカテゴリーに該当する記事はありません。